不動産投資に対する準備

釣りと不動産投資

 

 

不動産投資って釣りに例えられることが多いです。

 

常に魚が釣れるわけではありません。

普段はほんとにヒマ。

 

ただ、大物の魚が掛かった時は、急に慌ただしくなります。

 

もし、ここで

「あれ?どうやってリールを引けばいいんだっけ?」

「強く引っ張った方がいいの?それとも魚の動きに逆らわない方がいいのかな?」

とか考えてたり、隣の人に聞いてたりしたら、魚はあっという間に逃げてしまいます。

 

挙句の果てに、

「釣れた魚、釣竿からどうやって外すんだ?」

「釣れた後は、魚をどうすればいいんだろう?」

なんて疑問そのままに釣りしていたら、

 

魚が釣れることが嬉しいことではなくて、怖くなります。

深層心理で、魚が釣れないでほしいってなります。

 

分からないことって、そのままにしてると、雪だるま式に不安が大きくなり、

いざという時に体が動きません。

 

何が言いたいかというと、

「しっかり準備をしておこう」

ということです。

 

実際、良い物件が来た場合、即座に行動を開始することになります。

みんな、今か今かと待ち構えてるんですから、悠長にしている暇はありません。

 

良い物件が来てから、

初めて銀行開拓に行ったり、

買い付けの出し方を勉強していたり、

コンサルタントにお伺いをたてていたり。

そんなことではすぐに物件持ってかれます。

 

「準備が出来ている人にチャンスは訪れる」

 

常に物件が来た時、どんな行動をすると良いかシミュレーションをしていると、

一歩早く行動できますので、是非試してみてください。

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. コラム

    生き方の種類について
  2. 考え方

    断捨離にハマってます
  3. キャッシュフロー

    キャッシュフロー第一主義
  4. 4棟目

    都市計画道路がネックになった、飛躍の4棟目
  5. 考え方

    amazonレビューって危ういですよね
PAGE TOP