不動産投資

RCってどうなの?

 

 

RC造の物件を私は買い進めています。

 

時々、「RC造はお勧めしない。経費がかかるし、固都税も高い」

とか言っている方がおりますが、

そういった方は、考える順番が間違っている可能性があります。

 

どういうことかというと、経費も固都税も最初にシミュレーションに組み込んで、

(購入前に知っていて)

キャッシュフローが出る物件のみを買っているということです。

 

だから上記のような人に限って、いざRCを購入してから、

「あれ?結構経費かかるな…」

「固都税ってこんなにするんだ…」

とかを知り、

「RCは結局儲かりません」

とか言っているのだと推測されます。

 

RCの耐用年数は47年と、他の構造と比較して、最も長いです。

これはどういうことか分かりますか?

 

つまり、法律ですでに、この構造は不動産投資に有利ですよ!と言っているようなものです。

だって金融機関は、融資年数を、築年数、耐用年数から算出するんですから。

若い物件、そして構造はRCの方が、銀行から好かれるのは当たり前ですよね!

 

もちろん他の構造には他の構造の良い部分があります。

ただ、もし金融機関の評価を得て、規模拡大のスピードを早くしたいのであれば、

それはRC以外ないと私は考えています。

 

RCで、キャッシュフローが出る物件を買い進めていく、

これが私がお勧めする投資法です。

ただ、拡大するにも、色々な場面で色々な順番がありますので、

そこは注意しましょう。

またブログで紹介していきます。

 

 

 

関連記事

  1. 不動産投資

    セミナー終了しました。

    こんにちは、本田です。昨日は私がセミナーをさせていただきました。1…

  2. 不動産投資

    減価償却をより大きくする裏技

    こんにちは、本田圭です。昨日は減価償却を大きくする方法についてお話し…

  3. 不動産投資

    メンターを考える

    なかなか物件を購入できない場合、一度メ…

  4. 不動産投資

    最近の状況と減価償却を大きくする裏技

    本田です。ご無沙汰しておりました。無事双子も生まれ、ようやく少しず…

  5. 不動産投資

    アパートローンとプロパーローン

    こんにちは、本間です。…

  6. 不動産投資

    なぜ不動産投資が有利なのか?

    こんにちは、本田です。このブログでも「不動産投資がなぜ有利なのか」と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 考え方

    時間を生み出しました
  2. 考え方

    不動産投資の基礎を学ぶために最も大切なポイント
  3. 不動産投資

    現地調査はいつすべきか?
  4. 消費税還付

    消費税還付について
  5. より良い人生を生きるためのマインドセット

    単純に、優先度の問題
PAGE TOP