不動産投資

RCってどうなの?

まずは順位の確認をお願いします。

不動産投資 ブログランキングへ

 

 

RC造の物件を私は買い進めています。

 

時々、「RC造はお勧めしない。経費がかかるし、固都税も高い」

とか言っている方がおりますが、

そういった方は、考える順番が間違っている可能性があります。

 

どういうことかというと、経費も固都税も最初にシミュレーションに組み込んで、

(購入前に知っていて)

キャッシュフローが出る物件のみを買っているということです。

 

だから上記のような人に限って、いざRCを購入してから、

「あれ?結構経費かかるな…」

「固都税ってこんなにするんだ…」

とかを知り、

「RCは結局儲かりません」

とか言っているのだと推測されます。

 

RCの耐用年数は47年と、他の構造と比較して、最も長いです。

これはどういうことか分かりますか?

 

つまり、法律ですでに、この構造は不動産投資に有利ですよ!と言っているようなものです。

だって金融機関は、融資年数を、築年数、耐用年数から算出するんですから。

若い物件、そして構造はRCの方が、銀行から好かれるのは当たり前ですよね!

 

もちろん他の構造には他の構造の良い部分があります。

ただ、もし金融機関の評価を得て、規模拡大のスピードを早くしたいのであれば、

それはRC以外ないと私は考えています。

 

RCで、キャッシュフローが出る物件を買い進めていく、

これが私がお勧めする投資法です。

ただ、拡大するにも、色々な場面で色々な順番がありますので、

そこは注意しましょう。

またブログで紹介していきます。

 

 

 

物件詳細、手法などを知りたい場合はクリックして下さいね。

http://blog.with2.net/link.php?1848417

関連記事

  1. 不動産投資

    アパートローンとプロパーローン

    こんにちは、本田圭です。属…

  2. 不動産投資

    物件を買えない理由

    私は、1年半ぐらい物件を購入できない日々が…

  3. 不動産投資

    【怪しい】騙し騙されの世界

    不動産業界は、善良な方も沢山いますが、悪ど…

  4. 不動産投資

    指値の通し方の秘訣

    こんにちは、本田圭です。物件の購入価格を、いわゆる値切…

  5. 不動産投資

    仕事を辞めるか、辞めないか

    昨日、スカイプ上で投資家仲間が集まるグルー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 突き抜けることが大切
  2. 他人を評価しすぎる自分にならない!
  3. 期待値を考える
  4. 嘘つきの見極めと指値の見極め
  5. トレードオフを理解する
  1. 物件を買えない時のマインドセット

    最近の融資の動向と、物件を買えない時のマインドセット
  2. ご挨拶

    ご挨拶
  3. 不動産投資

    物件売却から規模拡大を目指す
  4. 考え方

    私が苦手な類のコミュニティーについて考える
  5. より良い人生を生きるためのマインドセット

    突き抜けることが大切
PAGE TOP