医師と不動産投資

【医師の現実】医師と不動産投資の相性

 

 

私は医師をしております。

元々大学病院に勤務しておりましたので、

医師の過酷な現状は把握しています。

 

どの科も辛いですが、産婦人科の先生は、やはり大変そうです。

出産は時間を決められませんから。

 

医師という職業は、生命や、人生に関わる仕事なので、

大変な心労を伴います。

 

なおかつ当直などが続き、肉体的にも大変だと、仕事を辞めたくなる時があります。

だって、自分なんか、実際の給料と時間を計算して、

時給換算したら、700円ぐらいの時あったよ!

コンビニバイトより安いよ!

 

離婚している女医さんも多い感じがします。

 

家族との関係が悪くなり、病院に寝泊りしている医師も知っています。

 

なんででしょうね?

 

元は、誰かの役にたちたいとか、病気を治したい、とか

純粋な気持ちで医学部に入ってきたのに、

結局は仕事、人間関係でボロボロになる人が多い印象です。

 

で、辞めるってなると

医師の責任感を逆手にとって、病院を辞めることを非難する人さえいます。

 

医師には、自分の為、家族の為に生きる権利が

大分制限されているように感じる時さえあります。

 

つまりは今の医療って、医師の性善説から成り立っているようなものです。

 

これってどうなんでしょうか?

医師自身が自分の生活を犠牲にして、医療をするということがこれまで積み重ねられ過ぎて、

患者さんも、そして医師さえも現状に麻痺しているように思います。

 

医療界に従事して、閉塞感を感じている医師が多数いますが、

確実なのは、

医師はもっと広いフィールドを股にかけて活躍できる存在になれる、ということです。

 

食品分野でもIT分野でも販売でも、医師が進出することで、

新たなビジネスチャンスがゴロゴロ転がっていますよ。

 

医師が他の分野と手を組んで、蜘蛛の巣状に医療知識が散りばめられた世界になれば、

確実に予防医療にも効果があるはずです。

 

要するに、これまでの旧態依然とした医師の枠組みを外す時期に来ていると感じています。

自分の生活は自分でマネージメントするべきなんです。

 

前置きが長くなりましたが、

医師が他分野に進出する、あるいはよりプライベートを充実させるために、

不動産投資は非常に強力なバックボーンになります。

 

物件購入前はしっかりと動く必要がありますが、

購入後はほとんど手間がかかりません。

これ、本当ですよ。

逆に手間がかかるという風に言っている人は「不動産投資家」では「大家さん」になりたい人たちです。

他に任せられるところを自分でやっていたりします。

 

医師の皆さんには、不動産投資家として、行動して頂きたいです。

しっかり正しい順序でいけば、医師を超える給料をほぼ何もしなくても手に入れられます。

そうすれば、休日バイトも辞められるし、職場の選択もアグレッシブにいけますね。

 

そして医師というのは、属性も大変良いです。

つまりは金融機関から融資を引き出しやすい。

不動産投資というのは、融資を引けなければ出来ませんので、

そういった意味では、大変良いスタートラインに立っています。

(ただ、どんな物件でも融資が出てしまうので、その点は注意ですね)

 

そこまでの手間もかからず、物件を維持でき、安定を手に入れられる。

医師と不動産投資の相性は抜群に良いのです。

 

不動産投資を足がかりに、別分野に進出している人は沢山いるのです。

是非、一歩踏み出してみることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 医師と不動産投資

    医師の方、MS法人って知っていますか?

    こんにちは、本田です。早速ですが、MS法人って知っていますか?開業…

  2. 医師と不動産投資

    【医師の現実】過重労働の果てに

    こんにちは、本田です。11月の日経メディカルを読まれた…

  3. 不動産投資

    【医師の現実】なぜ不動産投資が医師に向いているのか?

    皆さんは、勤務医の慟哭を聞いたことがあるで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. コラム

    すごい本を紹介します。
  2. 考え方

    【医師の現実】時間がない!
  3. 不動産投資

    不動産投資における3種類の目的
  4. 考え方

    環境を変化させる前に考えなければならない事
  5. 不動産投資

    次のリスクに備えよ
PAGE TOP