不動産投資

物件を買えない理由

 

 

私は、1年半ぐらい物件を購入できない日々がありました。

 

なので、不動産を購入できないと悶々としている人の気持ちは痛いほどよく分かります!

周りの人を呪いたくなる気持ちというんでしょうか笑。

いやいや、隠さなくていいです!恐らくこれはみんなが感じている素直な感情でしょう。

 

ただ、もし今、購入できていない方がいたとして、私からまずアドバイスをするのであれば、

とりあえずエリアを広げましょう、ということです。

 

物件の管理が大変とか言っている方が稀におりますが、

そんなことは全くないです。

だって、基本物件の管理は現地の管理会社に任せるので。

基本全て電話で済みますよ。

行くとしたら、購入前に何回かという感じでしょうか。

 

だから物件検索エリアを広げるのを恐れちゃダメです。

と同時に、金融機関開拓をしなければなりませんね。

都内の人が北海道に物件を持つのであれば、

その物件に融資をしてくれる銀行がなければなりません。

要するに、物件検索エリアを広げるということは、金融機関の開拓とも繋がっているということです。

 

融資してくれる銀行があるのであれば、基本どこに買ったっていいんです。

店子付けさえしっかりできれば。

 

エリアを全国に広げると、物件数も多くなりますが、

ある一定基準を持つと、物件の選別眼は養われ、一瞬で物件を判断できるようになります。

ものの5秒ぐらいでしょうか?

 

ただ、自分の物件選別眼に頼りすぎると、実は本当は良い物件を見過ごしていたりします。

現に、後から見ると購入したかったなあという物件が、

普通に業者さんが流すメルマガに載ってたりするんですね。

 

だからエリアを広げ、金融機関を開拓し、物件を検索し続ける、

シンプルだけど、これが一番効果アリでしょう。

 

それから、あまりに検索条件厳しすぎる人がおりますが、

それもNGです。

信用毀損を恐れすぎての行動かもしれませんが、物件の場所、店子付けのしやすさ、

エクストラの収入など、そういったものも勘案して、多少は緩くした方がいいです。

それよりも選別眼が厳しすぎて、物件を持たない時期が長い方がデメリットです。

 

融資が出やすい今だからこそ、淡々と行動していきましょう。

 

 

関連記事

  1. キャッシュフロー

    拡大に必要な物件売却と、僕の考え方

    こんにちは、本間です。今回は、物件の売却につい…

  2. 不動産投資

    複数棟持つと、どの程度忙しくなるのか?

    こんにちは、本田です。私は今、6棟所有しているのですが、ロットが大…

  3. 不動産投資

    属性にあぐらをかかない方が良い理由

    こんにちは、本田です。skype相談とかで、色々なご相談を受けます。…

  4. 不動産投資

    購入しても良い物件の基準の決め方

    こんにちは、本田です。今日は妻の1か月検診の日でした。予約が10時…

  5. 不動産投資

    投資規模を拡大するために大切な考え方

    こんにちは、本田圭です。最近ちょっと不動産投資の拡大をお休みしていた…

  6. 不動産投資

    新築区分所有マンションが危険な理由

    こんにちは、本田圭です。前回に引き続き、区分所有の罠についてお伝えし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 医師と不動産投資

    【医師の現実】勤務医の過酷な現状、知りたいですか?
  2. 不動産投資

    借金は悪?破壊的借入のススメ
  3. コラム

    ダイナースプレミアムGETだぜ
  4. 不動産投資

    医師が狙うべき物件価格帯は?
  5. 不動産投資

    不動産投資において購入してはいけない物件とは?
PAGE TOP