3棟目

管理会社と円滑に別れる方法

 

 

3棟目の管理会社は、これまではなぜか、

車で2時間ほどかかる場所にある個人経営の管理会社でした。

 

だから、なんか話が噛み合いません…。

 

現地調査の時にその管理会社の方も来てくれたのですが、

質問に全く答えてくれない。

 

「後で調べておきます」

とか

質問に対して「どうしてですか?」

とか。

 

入り口すぐに管理室があって、室内は大分整頓されていましたが、

これはシルバー人材センターから派遣されている、毎日午前中のみいてくれる方のお陰のよう。

むしろ、その方がほとんど物件のことを把握しており、電球交換や掃除もしてくれている…。

 

この管理会社さんは何をしているんでしょうか?

集金だけでした!(まあ集金も大切な仕事なのですが)

「管理費は5%ですか?」

と聞いたところ、

「うーん」

となぜか言葉を濁す。

どうやらこれまではさらに多くの管理費を頂いていたようです。

 

この管理会社はまずいなと感じました。

つまりは、売主さんと懇意にしている管理会社で、

大分ズブズブの関係だったようです。

 

もちろん、常に満室経営が可能ならばいいですが、

店子付けも地元の管理会社にお願いしているよう。

 

だったら、管理会社変えましょう!ということで、変えました。

 

管理会社変更は大分バタバタするのが一般的なようですが、

非常にスムーズに変更できるタイミングが一つあります。

 

それは、「オーナー変更時」。

 

物件売買の時を狙って、管理会社変更を行えば、理由付けも簡単にできるし、

タイミングがバッチリなので、遺恨を残さずにできます。

 

もちろん、新管理会社も慎重に選ばなければなりませんし、

そのエリアも変更して問題ないのか、しっかり見極めてください。

 

私で良かったら、何かあったらいつでも相談に乗ります。

 

関連記事

  1. 3棟目

    不動産投資のベースになった3棟目。

    今回は3棟目のお話です。今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 投資は不動産投資だけに非ず
  2. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  3. 相手にfocusする
  4. 人生最適化思考にまつわる僕の話
  5. 嬉しいお言葉を頂きました。
  1. 不動産投資

    物件売却から規模拡大を目指す
  2. 不動産投資

    最近の状況と減価償却を大きくする裏技
  3. 医師と不動産投資

    【医師の現実】自分の武器を作ろう!
  4. 金融機関

    金融機関さんとの会話で大切なこと
  5. キャッシュフロー

    他人を評価しすぎる自分にならない!
PAGE TOP