不動産投資

リスクを避けるために買い進める

 

 

 

時々、「一棟持ってれば十分じゃないの?」

と聞かれることがあります。

 

いえいえ、そうではありません。

物件を複数棟持つことはむしろリスク回避になります。

 

例えば、ある物件で飛び降り自殺が多発したとします。

(そんなことはほぼありませんが)

 

そうすると、そこは気味悪がられて、空室が多い物件になるでしょう。

結果、キャッシュフローが激減してしまいますが、

他の元気な物件がそこを補ってくれれば、基本問題ありません。

 

50戸のうち30戸が空室だと相当ダメージが大きいですが、

1000戸のうち30戸が空室であれば、だいぶ薄まりますよね。

 

ということで、リスクを回避するためには、

物件を複数棟持つ方がよりベターということです。

 

これって、銀行さんへの言い訳にもなります。

金融機関さんは、急速な物件拡大を好みません。

なので、もしピッチが早いこと指摘されたら、

複数ある言い訳の一つとして使うことができれば、

納得してもらえる可能性も出てきますね。

 

ただ、言い方には気をつけて下さい。

「神は細部に宿る」

ちょっとした言葉遣いで、正にも負にも受け取られるので。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 不動産投資

    不動産業者を味方につけるために必要なこと

    豊洲移転問題に興味深々の本田です。最近、「物件がない」とお悩みの方は…

  2. 不動産投資

    複数棟持つと、どの程度忙しくなるのか?

    こんにちは、本田です。私は今、6棟所有しているのですが、ロットが大…

  3. 不動産投資

    本業と不動産投資の考え方

    こんにちは、本田です。みなさんと接していると、やはりリタイアするた…

  4. 不動産投資

    物件売却から規模拡大を目指す

    今のご時世、物件が高値でよく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 考え方

    不動産投資を面白がる
  2. 考え方

    【医師の現実】時間がない!
  3. キャッシュフロー

    他人を評価しすぎる自分にならない!
  4. 考え方

    時間を生み出しました
  5. 不動産投資

    法人になるべきタイミングは?
PAGE TOP