不動産投資

リスクを避けるために買い進める

 

 

 

時々、「一棟持ってれば十分じゃないの?」

と聞かれることがあります。

 

いえいえ、そうではありません。

物件を複数棟持つことはむしろリスク回避になります。

 

例えば、ある物件で飛び降り自殺が多発したとします。

(そんなことはほぼありませんが)

 

そうすると、そこは気味悪がられて、空室が多い物件になるでしょう。

結果、キャッシュフローが激減してしまいますが、

他の元気な物件がそこを補ってくれれば、基本問題ありません。

 

50戸のうち30戸が空室だと相当ダメージが大きいですが、

1000戸のうち30戸が空室であれば、だいぶ薄まりますよね。

 

ということで、リスクを回避するためには、

物件を複数棟持つ方がよりベターということです。

 

これって、銀行さんへの言い訳にもなります。

金融機関さんは、急速な物件拡大を好みません。

なので、もしピッチが早いこと指摘されたら、

複数ある言い訳の一つとして使うことができれば、

納得してもらえる可能性も出てきますね。

 

ただ、言い方には気をつけて下さい。

「神は細部に宿る」

ちょっとした言葉遣いで、正にも負にも受け取られるので。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. キャッシュフロー

    拡大に必要な物件売却と、僕の考え方

    こんにちは、本間です。今回は、物件の売却につい…

  2. 不動産投資

    規模拡大においてブレーキになる、木造アパートの投資

    シン・ゴジラを観てきた本田です。いやー、最高ですね!ゴジラとか恐竜…

  3. 不動産投資

    繰り上げ返済はした方が良いのか?

    時々、不動産投資をやってい…

  4. 不動産投資

    メンターを考える

    なかなか物件を購入できない場合、一度メ…

  5. 不動産投資

    総資産額とか家賃年収とか、言い方の罠

    おはようございます。本田圭です。巷には、資産何億達成…

  6. 不動産投資

    指値の通し方の秘訣

    こんにちは、本田圭です。物件の購入価格を、いわゆる値切…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 危険な購入の仕方

    トレードオフを理解する
  2. 金融機関

    金融機関が、信用毀損を起こす物件にも融資をする理由
  3. 金融機関

    銀行の融資対象エリアという考え方
  4. 医師と不動産投資

    【医師の現実】周りの価値観に囚われ過ぎて動けない医師
  5. 不動産投資

    【医師の現実】なぜ不動産投資が医師に向いているのか?
PAGE TOP