不動産投資

嫌われる勇気

 

 

 

なんか、聞いたことあるタイトルですが…。

 

私は不動産投資をすることを決意して、1年以上購入できませんでした。

 

今、思うと、色々改善できることはあるのですが。

一つに、「嫌われたくない」という気持ちがありました。

 

誰に?

金融機関さん、業者さん、管理会社さんに。

 

本とか読んでても、

「業者さんに嫌われないようにウンタラカンタラ」

とか、恐怖を煽るようなこと書いてたりするので、

投資初心者で真面目な人ほど、動きが止まっちゃうんです。

(自分も真面目だからな…笑)

 

例えば、物件のヒアリングするにしても、

ちょっと面倒くさそうな人だったりすると、

なるべく早く電話を切っていました。

「こんなに根ほり葉ほり聞いて、怒られるかも」とか、

「怪しまれてないかな」とか考えちゃって。

 

金融機関さんに融資お願いするにしても、

「こんな物件融資してくれるのか?」とか

「もしアタフタしたら、今後融資をしてくれないかも」とか。

 

業者さんだったら、

「こんなに色々質問して、面倒くさくないかな」

「嫌われたら物件情報こないかも!」とか。

 

みんな多分同じ気持ちもったこと、あるんじゃないかなー。

 

でも、上記の考えって、全部「無知」から来るものですね。

 

根ほり葉ほり聞くと、確かに面倒くさく相手は感じるかもしれませんが、

相手のメリットをちゃんと提示してあげることで、

非常に話やすくなります。

 

キャッシュフローが出る、収益性の高い物件であれば、

基本金融機関も融資をしたがるはずです。

 

大事なところをピンポイントで質問し、返事を迅速にすれば、

むしろ大切な顧客として考えてくれます。

 

そんでもって、何より大事なことは、

「嫌われたっていいじゃない、大したことないよ」という考え。

自分なんかはとにかく人の目を気にしたりして、

すぐに行動に移せなかったりしました。

 

でもしっかりビジネスとして考えれば、

Win-Winの関係をより意識できるし、

そんなに嫌われる、嫌われないっていう考え自体、

自分の中に生まれてこなくなります。

 

それでも何かしこりが残るような会話をしてくるような方とは、

あまりお付き合いしない方が、精神衛生上良いです。

金融機関さんも業者さんもたくさんあるので、

 

怖がらないで、一歩前に踏み出すことだけ考えましょう。

 

こういう細かいことって、やっぱり大事なんです。

関連記事

  1. 不動産投資

    事故物件の告知義務は?心理的瑕疵物件への対応方法

    こんにちは、本田です。物件をいざ調査すると、色々な問題が出てきます…

  2. 不動産投資

    最近の状況と減価償却を大きくする裏技

    本田です。ご無沙汰しておりました。無事双子も生まれ、ようやく少しず…

  3. 不動産投資

    信頼できない業者さんと無理に付き合う必要はないですよ

    こんにちは、本田です。先日、業者さんとお話をしており、こんな話があ…

  4. コラム

    不動産投資には、場の雰囲気を読む能力は必要か?

    本間です。私、メルマガとか好きで、 色んな方が発行しているのを…

  5. コラム

    不動産投資が最強の投資なのか?

    こんにちは、本間です。 G.Wも終わり、如何お過ごしで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 不動産投資

    【医師の現実】医師こそがキャリアデザインを考えるべきだと思う
  2. コラム

    【医師の現実】医師の残業 法施行5年後に規制へ
  3. 不動産投資

    持ち家か、賃貸か、どちらが不動産投資に有利?
  4. 医師と不動産投資

    【医師の現実】給与が不動産投資に与える影響
  5. コラム

    オーストラリアに行った時の感想をシェア
PAGE TOP