コラム

余裕がないと、人生がうまくいかない理由

 

 

 

最近、この本を読みました。

 

 

脳科学者で有名な茂木健一郎さんの本ですね。

amazonレビューはなぜか結構ひどい…。

 

ただ、私は面白く拝見しました。

 

要は脳にワーキングスペースを持つことで、

より効率的な仕事ができたり、クリエイティブになれる、ということ。

そして、思い立ったら、100点を求めずに、すぐに行動すること。

 

こういったことを説明しています。

 

私も、自分でいうのもなんですが。

すっごく真面目です。

結構小さいことに悩んだり、

イライラを言い出せずに溜め込んだり。

なんか典型的な日本人って感じです。

 

ドラクエでは、

全ての街のツボやタンスを調べ、全ての住人と話さないと気が済まない

といった、心のどこかに完璧主義がある性格でもあります笑

 

社会に出てからは、

この完璧性とかを含め、

上記の性格が、全て社会的には邪魔であることを認識しました。

 

もちろん完璧であることは素晴らしいことなのですが、

それはまず存在しないというのを理解するのは、難しかったですね。

 

様々な考え方と密接に結びついているのですが、

まずは完璧を求めずに、行動をしなければ、何も始まりません。

大体、ほとんどのことは失敗してもリカバリーできます。

リカバリーできないと思い込んで、二の足を踏むと、

結局何も始められません。

 

一番もったいないのは、何も始めなかった時間。

時間は戻ってきませんからね。

 

最近、そう言った考えが自然になってきたので、

行動開始に、初動の遅さがなくなりました。

 

 

あとは欲張りもいけません。

あれもこれもしたい、と考え、一気にやろうとすると、

精神的に疲れます。

時間的にも体力的にも余裕があるから、

これぐらいできるよ、と思ってても、

なぜか能率が上がらないんですね。

 

一つのことに絞った方が良いです。

やらない決断をします。

前の記事で言った断捨離です。

 

ということで、

一つのことに絞り、それを完璧を求めずに進めていく。

何かあったら、あとで修正すれば良いだけ。

 

不動産投資も、考えると足が止まります。

できれば、仲間と一緒に進めていければいいですね。

 

amazonレビューの件ですが、

私は、その本に一行でもタメになることが書いてあれば、

素晴らしいことだと思います。

その一行で人生が変わるかもしれないので。

 

本にだって、完璧を求めちゃいけないんですよ…。

レビューが酷い人たちは完璧主義なんでしょうかね。

その一行にお金を払えない人達は、恐らく投資でも成功できないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. コラム

    講談社、ポプラ社の方とお話ししてきました。

    こんにちは、本間です。昨日は、25日発売「人生最適…

  2. コラム

    自分のベーシックインカムを作るという発想

    こんにちは、本間です。写真は文教堂書店浜松町店になりま…

  3. コラム

    とりあえず行動

    こんにちは、本間です。 大分久しぶりな感じ…

  4. コラム

    ダイナースプレミアムGETだぜ

    先日、メンターの先生から、…

  5. コラム

    詐欺とか、そういうことについて僕が思うこと

    こんにちは、本間です。 最近、仮想通貨のICOが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 不動産投資

    【医師の現実】自身の生き方を決められないもどかしさ
  2. 不動産投資

    属性にあぐらをかかない方が良い理由
  3. 考え方

    自分にタグ付けする生き方
  4. 不動産投資

    不動産投資で大きく成功するために必要な「待つ」という行為
  5. 医師と不動産投資

    女医が不動産投資に有利な理由
PAGE TOP