医師と不動産投資

【医師の現実】勤務医の過酷な現状、知りたいですか?

 

 

以前は大学病院に勤務しておりました。

 

勤務医は、大まかに分けると、

外来、病棟、手術、研究の4つに分かれますが、

私は大学院も同時に通っていたので、上記4つをすべてやっておりました。

 

科も異なると、やっていることも大きく違うので、

私がしていたある1日を説明したいと思います。

 

まず、朝は入院患者の診察から始まりますね。

10人から20人、大体抱えています。

大体1〜2時間かかります。

普通に通勤していれば、午前8時45分から始まる外来に間に合いません。

なので、朝7時前ぐらい前には病棟に到着しなければなりません。

 

朝から結構、疲弊します。

 

そして、午前の外来。

予約患者は枠パンパンです。

時々、患者さんが、

「なんでそんなに予約がいっぱいなんだ!」と怒る時がありますが、

色々原因はあります。

 

一番大きな問題は、患者さん自身が他の医療機関に行ってくれない、ということ。

大学で手術もして、経過観察もして、

「あとは問題ありませんから、近所のクリニックで経過観察してください」って言っても、

「大学で診てもらいたいので、こっちで診てもらいたい」

「他の科も大学なので、こっちで統一したい」

と駄々をこねるのです。(失礼!)

 

こちらとしても、患者さんのことは最後まで診たいですが、

どんどん患者数が増えるので、やはり診察するべき患者さんだけを残したい。

しかし、説得しても、聞いてくれません。

忙しい外来中に、時間をかけて説得したり、喧嘩をするのも嫌なので、

そのまま診ることになります。

 

医療機関も周知しているし、皆時間がない中、対応してますが、

そこの問題はなかなか解消されません。

 

結果、予約枠はパンパンになります。

 

新患が来たら、そちらの対応もしなければなりません。

 

で、イライラマックスになります。

 

必然的に午前の診療は、かなり延長します。

ただ、午後の診療は定刻通りに始まります。

 

つまり、お昼ご飯を食べる時間がないんです!

 

走り回り、18時を過ぎて、外来という戦争がようやく終わるのです。

 

予約枠もパンパン。

お腹もペコペコ。

気分はイライラ。

あとは、ちょっとした開放感。

 

で、そこから臨時手術が始まります。

私は眼科なので、大体毎日あります。

網膜剥離、硝子体出血など。

一件あたり事前準備など含めると、2時間程度。

1日2件すれば、4時間ぐらい。

18時から手術すると22時ぐらいに終了です。

 

一時の休憩を経た後は、当時私は大学院だったので研究を始めます。

で、夜12時過ぎに帰宅、って感じでしょうか。

 

合間には、学会の準備、製薬会社MRさんとの対応、カンファレンス。

ここに人間関係とか絡むと、役満。

 

すっごく不規則で、すっごくストレスが溜まるので、すっごく太ります。

 

プラス、月に何回か当直があったりするんですよ!

 

いわゆるブラックですな。

 

割に合わないでしょ!

もし病気になったとしても、誰も責任は取ってくれないんですよ。

「ああー、いい先生だったのに、残念。」

この一言で終了!

 

私はある時、まずいと思いました。

現状維持さえ危うい。

だって、これから高齢者がさらに増加するんですよ?

もっと負荷がかかる方向になるのは間違いない。

であれば、自分と家族を守る行動を取らなければならない。

 

医師であることは誇りです。

ただ、使い捨てられることだけは勘弁。

自分で声を上げなければ、利用されるだけなんです。

 

自分に最も適したライフスタイルを意識しましょう。

使われるだけでは、理想には、決して近づかないことは理解してください。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 医師と不動産投資

    【医師の現実】医師は資産運用がお好き

    こんにちは。本田圭です。ほぼ毎日午前2時と4時と6時に、双子のミルク…

  2. 不動産投資

    【医師の現実】医師はリッチなのか?

    平成21年に実施された、医療…

  3. 医師と不動産投資

    【医師の現実】過重労働の果てに

    こんにちは、本田です。11月の日経メディカルを読まれた…

  4. 不動産投資

    区分マンション投資で節税はできるのか?

    卓球の団体で愛ちゃんが負けて、意気消沈の本田です…。ちょっと心臓バク…

  5. 不動産投資

    規模拡大においてブレーキになる、木造アパートの投資

    シン・ゴジラを観てきた本田です。いやー、最高ですね!ゴジラとか恐竜…

コメント

  1. かなりハードなんですね。
    そんな中、賢い選択をしましたね。

      • shishimaru
      • 2016年 7月 05日

      じゅんさん

      コメントありがとうございます。
      不動産投資は、リスクヘッジとしても、資産運用としても、
      かなり実のある投資だと考えております。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 不動産投資

    タダより高いものはない
  2. 不動産投資

    ヒアリングとか現地調査とかをしっかりしないと、ババ物件を引きますよ
  3. 不動産投資

    キャピタルゲインとインカムゲイン
  4. 不動産投資

    キャッシュフローの重要性
  5. 考え方

    メンターについて考える
PAGE TOP