不動産投資

なぜ、私は、株でもなく、FXでもなく、不動産投資なのか?

 

 

こんにちは、本間です。

 

投資にも色々ありますね。

 

株、FXなんかはメジャーです。

口座開設はすぐできるし、ネットバンク経由で入金したら、

すぐに開始できます。

 

Lot数にもよりますが、10分で数十万、数百万円も夢の話ではありません。

 

ただ、逆も有り得ます。失うことも普通に有ります。

 

先日のBREXIT絡みの時は、

ポンド円で、約30万円を数回利益確定できましたが、

これ、逆のポジションだったら、嗚呼、恐ろしい…。

 

実際、ポジション持っている間は気が気でなかったですよ。

何回もスマホ取り出してチェックです。

適切なレバレッジでやってるからまだ良いけど。

 

前、FXやっている先輩医師Aさんがいたのですが、

ある朝の話です。

 

本田「A先生、最近どうですか?(病棟のことを聞いたつもり)」

 

A先生「ああ、本田くん。いやーポンド円動いたね!」

 

本田「あ、ああ…!ポンド円すごいですよね。僕は入れなかったんですが」

 

A先生「今、含み益20万円。もう少し伸ばすわ!」

 

本田「この勢いなら行くかもしれないですね!」

 

夜20時。

 

本田「どうでした?(臨時手術が無事終わったかどうかの確認)」

 

A先生「(表情険しく)やばいな…。急転直下よ。

俺は損切りしない主義だから、このまま保持。上がるかなー」

 

本田「あ、ああ!ポンド円。値動き激しいから、大丈夫ですよ!」

 

翌朝。

 

本田「A先生、おはようございます。」

 

A先生「あ、おはよう。ポンド円、もうやばいな…。

 

逃げるかどうか、ずっと悩んでた笑」

 

本田「(朝から囚われてるなー苦笑)大変ですね!本日の手術よろしくお願いします!」

 

1ヶ月後。

 

本田「最近FXの調子どうです?」

 

A先生「やっと逃げれたよ!この間のポンド円!切らなくて良かったー。長かったー。」

 

本田「まだ損切りしてなかったんですか!?」

 

みたいなことがありました。

 

A先生は、この1ヶ月、

恐らくずっとポンド円という呪縛に囚われ続けていたのです…。

 

これって、ぜっっっったい精神的によくないですよね。

相場は、自分の思惑とは、

ぜっっっっったい一致しないので。

 

利益がどの程度出るか予測するのは、非常に難しいので、

必然的に、月単位でプラス、年単位でプラスとか、そういった話になります。

でもそれって裏返せば、

ある程度(数ヶ月とか)相場に付き合わないと、利益がでない可能性もあるわけで…。

 

毎月定額の給料を払ってもらっている人にとって、

肌感覚に合わない人は多いでしょう。

 

そんでもって、トレーダーは

相場についていく、という感覚でやってるので、

常に受け身の感覚

受け身って辛いんですよ。いや、本当に。

 

もちろん、長期に渡って

利益を出していらっしゃる方がいるのも事実ですが、

そういった方は、尋常じゃない精神を持っているはず。

 

もう一つ、忘れちゃいけないのが、相場の世界では

みんな同じフィールドに立たされる」ってこと。

 

医師なんかは、小学校時代から勉強にさらされ続けてるわけですね。

みんなが遊びに行っている間、TV見ている間、

勉強してきたわけです。

 

で、ようやく医師っていうゴールドライセンスを得たわけですよ。

 

ゲームでいえば、強力な剣、鎧、盾をやっとの思いで手に入れて、装備してる状態。

 

相場に立ち向かうってことは、

今まで苦労して手に入れた剣とか鎧とか盾とかを全部捨てて、

裸一貫で魔物がうじゃうじゃいる洞窟に乗り込むようなものです。

 

こう例えると、アホじゃない?って思っちゃうわけですね。

(とか言って、自分が一番アホなのですが…)

 

もっと、自分に有利なフィールドで戦った方が、確実に成長早いって。

 

自分の属性を見極めましょう。

で、どのフィールドが、一番有利に働くか。

そして、そこを1点突破です。

1点突破して上に行けば行くほど、楽になります。

 

もし、副業何をするか、色々悩んでいる方がいたら、

自分の状況を考えてみてください。

 

どのフィールドが一番有利なのか。

どのフィールドが自分に合っているか。

 

医師だったら、絶対、不動産投資!と声を大にして言えます。

 

関連記事

  1. 不動産投資

    不動産業者を味方につけるために必要なこと

    豊洲移転問題に興味深々の本田です。最近、「物件がない」とお悩みの方は…

  2. 不動産投資

    法定耐用年数超過の罠

    こんにちは、本田圭です。前回の記事で、一部の地銀を使用…

  3. 不動産投資

    どこまで拡大したい?

    今は家賃収入1.3億です。…

  4. 不動産投資

    事故物件の告知義務は?心理的瑕疵物件への対応方法

    こんにちは、本田です。物件をいざ調査すると、色々な問題が出てきます…

  5. 不動産投資

    太陽光発電に対するスタンス

    こんにちは、本間けいです。太陽光発電、一時期はメチャ過熱した感じでし…

コメント

  1. こんにちは。また訪問させていただきました。
    A先生なかなかですね。
    ドラマの話かと思いました(^^)
    自分のフィールドで頑張りたいですよね。
    医者じゃなくても不動産投資OKだと思います(笑)

      • shishimaru
      • 2016年 7月 07日

      ともちんさん、コメントありがとうございます。
      全て実話です笑。
      おっしゃる通り、医師でなくても不動産投資は全く問題ありません。
      一緒に不動産投資で飛躍できればいいですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 不動産投資

    物件売却から規模拡大を目指す
  2. 考え方

    自分にタグ付けする生き方
  3. 不動産投資

    投資規模拡大を目指す人が最初でつまずかないために。
  4. 不動産投資

    なぜ不動産投資が有利なのか?
  5. 不動産投資

    【恐怖】不動産投資における家賃保証の危険性
PAGE TOP