不動産投資

【疑問】住宅ローンは不動産投資に影響を与えるか?

まずは順位の確認をお願いします。

不動産投資 ブログランキングへ

 

 

おはようございます、本田です。

 

不動産投資をする前に、すでにご自宅を所有されている方っていらっしゃいますよね。

住宅ローンというのは、つまりは銀行からの借り入れ。

 

これって、今後の不動産投資に悪影響を与えないのでしょうか?

もしかしたら、負債と考えられて、

不動産投資への融資承認が下りないかもしれないですよね。

 

結論から言うと、

自身の収入や金融資産によるので、

総合的な判断になります。

 

答えになってないじゃん!と言われるかもしれないので、

順序良く見ていきます。

要は多大な借り入れをしていなければOK、

ちゃんと計画的に返済していればOKということなんです。

 

1)担保評価

 

金融機関が融資をする時に、

借り手が返済不能に陥った際でも、資金回収ができるように、

不動産を担保に取ります。

その担保物件に融資額が見合うかどうか評価するのが、担保評価ですね。

 

で、この担保評価については、

自宅の土地建物の銀行評価>自宅のローン残債

となっていればOKです。

 

もし、自宅の土地建物の銀行評価>自宅のローン残債

であれば、資産超過ですので、プラス評価ですよね。

 

対して、自宅の土地建物の銀行評価<自宅のローン残債

であれば、債務超過ですので、マイナス評価になります。

 

で、大体、銀行は建物の評価をする際に掛け目を入れますので、

普通は、自宅の銀行評価は、市場価格の50%〜70%になります。

 

だから、住宅購入時に頭金入れてないと、結構な割合で債務超過になっています。

 

やべー。頭金入れてないから、債務超過かも!

 

と思われた方、心配しないでください。

最近の傾向として、金融機関さんは自宅はやや甘めに見ることが多いです。

基本、自宅ってのは、売却せずに、ずっと住むこと前提の物件ですからね。

 

前、銀行の担当さんにズバっと聞いてみたところ、

「マイホームはあまり気にしませんね」

と言ってました。

もちろん金融機関によって、態度は違うとは思いますが。

 

2)返済能力

 

世帯収入>借り入れ返済+生活コスト

が基準です。

 

生活コストは一人あたり100万円かかるとします。

3人なら300万円。

銀行さんは奥さんの仕事や収入も聞いてきますが、

それは世帯収入を測るためなんですね。

 

ということで、上記2つの考え方が中心になりますが、

もし多少担保評価が割れていたとしても、

金融資産が3000万円あれば、それも含めて考えてくれます。

もちろん他のローンがあれば、それも含められます泣。

 

まとめると、

①担保評価

②返済能力

③金融資産、家族背景

④他の借り入れ

 

これらを総合的に判断するという形なんですよ。

 

だから、すでに自宅を持っていたとしても、

他の部分で補えれば、心配する必要はありませんよ。

 

もし難しそうでも、

相談してくれれば、別のアイデアが浮かぶかもしれないので、

いつでもコメントください。

 

 

 

 

 

 

 

 

物件詳細、手法などを知りたい場合はクリックして下さいね。

http://blog.with2.net/link.php?1848417

関連記事

  1. 不動産投資

    仙台に来ました

    本日、仙台に来ております。…

  2. 不動産投資

    節税のために車を購入する理由

    連日、オリンピックの中継で目頭が熱くなっている本田です。…

  3. 不動産投資

    物件売却から規模拡大を目指す

    今のご時世、物件が高値でよく…

  4. 不動産投資

    投資効率を考えることが、規模拡大の近道になる理由

    おはようございます。本田圭です。ROIと…

  5. 不動産投資

    「年齢別」狙うべき不動産

    こんばんは、本田です。やっとこさiPhone7 plusブラック入手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 突き抜けることが大切
  2. 他人を評価しすぎる自分にならない!
  3. 期待値を考える
  4. 嘘つきの見極めと指値の見極め
  5. トレードオフを理解する
  1. 医師と不動産投資

    【医師の現実】給与が不動産投資に与える影響
  2. コラム

    不動産投資には、場の雰囲気を読む能力は必要か?
  3. 不動産投資

    不動産投資が成功する金融機関の開拓とは?
  4. 危険な購入の仕方

    減価償却と返済年数の関係
  5. 不動産投資

    不動産投資のリスクのまとめ
PAGE TOP