コラム

知識社会で勝ち抜く人になるためにコミニュティに入ろう

まずは順位の確認をお願いします。

不動産投資 ブログランキングへ

 

 

おはようございます。本田圭です。

こんな本を読みました。

IMG_0826

最近はkindle一色です笑。

 

橘玲さんという方。

フィクションもノンフィクションも手がけ、

以前は山本周五郎賞の候補にも挙げられた方です。

 

この本は、まあ賛否両論ある本ですが、

データはまあまああり、読ませる本ではあります。

 

色々書いてあります。

 

知能は遺伝で決まりやすい。

知能格差があれば経済格差が起こる。

美しい人は、データから見て非常に得だ。つまり美貌格差がある。

親が子供に与える環境(友達関係)が子供の人生に決定的な影響を及ぼす。

 

とか様々。

 

まあ、子供の親ですので、

教育のテーマの部分は興味深く読ませていただきました。

 

“親の一番の役割は、子供の持っている才能の芽を摘まないような環境を与えること”

 

この一節は、その通りだと思いますね。

やっぱり医師ってこともあるので、これまでの人生、勉強を重ねてきましたが、

子供はやっぱり環境に引っ張られます。

周りが勉強してれば、それにおのずと乗っかっていきますよ、子供ってのは。

周りが遊んでれば、遊びほうけます。

 

だから、知的能力を伸ばすなら、頑張っているのが当たり前の環境に行かなければなりません。

 

でも、これって子供だけではなく、これは大人にも言えること。

 

もし、自分の能力を伸ばすのであれば、

絶対に、切磋琢磨している環境やコミュニティに入るべきです。

 

私も、不動産投資が成功した理由は、あるコミュニティに入ったお陰なのですが、

独りでやっていれば、確実に失敗していた自信があります笑。

 

良いコミュニティであればの話ですが、

非常に鮮度の高い情報が集まってきますし、

上昇志向が高い方が集まっているので、

自分のベースを底上げしてくれます。

 

質の悪いもしくは期間限定のコミュニティは

入らない方がいいかな、って個人的には思います。

例えば半年限定とか。

半年で何ができるんじゃい!って感じですよ。

常に刺激を受けるのが、コミュニティの大きな目的の一つなんだから、

ずっと入会できるものじゃないとダメですよ。

他に、中身がスカスカのコミュニティとか、悪口ばっかりのコミュニティとか。

 

しっかり、自分の底上げをしていきましょう!

 

あー、それから、上記の本ですが、

データがあるから、全て正しいとは思わない方がいいです。

医師という職業柄、多数の論文に触れますが、

10年前にあったデータと正反対のデータが、

その数年後に出てきたりするのが良くあります。

 

 

かなり昔のデータだったりしたら、やや懐疑的に見るのも大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物件詳細、手法などを知りたい場合はクリックして下さいね。

http://blog.with2.net/link.php?1848417

関連記事

  1. コラム

    すごい本を紹介します。

    こんばんは、本田です。今日はすごい本を紹介します。私は1日最低1冊…

  2. コラム

    困難を克服する4つの方法

    こんにちは、本田圭です。ネットを眺めていたら、こんな記…

  3. コラム

    レバレッジ不動産投資

    こんにちは、本間です。 ようやく7棟…

  4. コラム

    【医師の現実】医師の将来像を考える

    こんにちは、本田圭です。多くの医師とお話しをする機会が…

  5. コラム

    余裕がないと、人生がうまくいかない理由

    最近、この本を読みました。…

  6. コラム

    このアイテム、使えるなあ…

    こんにちは、本田圭です。「このアイテム、使えるなあ…。」と、昨日か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 突き抜けることが大切
  2. 他人を評価しすぎる自分にならない!
  3. 期待値を考える
  4. 嘘つきの見極めと指値の見極め
  5. トレードオフを理解する
  1. 不動産投資

    【医師の現実】医師にだっていろんなスタイルがあっていい
  2. 不動産投資

    規模拡大においてブレーキになる、木造アパートの投資
  3. 不動産投資

    属性にあぐらをかかない方が良い理由
  4. 考え方

    私が苦手な類のコミュニティーについて考える
  5. 2棟目

    リフォームを管理会社に任せる理由
PAGE TOP