コラム

不動産投資には、場の雰囲気を読む能力は必要か?

本間です。

私、メルマガとか好きで、
色んな方が発行しているのを、結構購読しています。

先日、参議院選挙がありましたが、
それに関する内容もチラホラ。

でも、気になる記事もありました。

その内容が、
「選挙に行きませんでした」

的なもの。

ん?と思って読むと(それが狙いなのかもしれませんが苦笑)、
大体、理由がしょぼい。

情報発信している人に多いのですが、
「投票に行く時間を使い、私がメルマガを書いた方が、読者に還元できる」とか、

「今の政治に興味がない」とか。

いやいや、いいんですよ。

選挙に行ったって、行かなくたって。

もちろん、選挙より大切なことがあるのだって承知しています。

でも敢えて言うことか?ってことなんですよ。
選挙に行かないで、心の中に閉まっておけばいいのに。
(情報発信だから、何言ったっていいだろ、と言えばそれまでなのですが。)

そういう人たちに限って、
「自分の一票では政治が変えられない」
とか、口に出して言っちゃうんですよね。

実際、私も思ってますよ。
自分の一票では政治は変えられない、って。

ただ、
「”自分の一票で政治が変わる”って雰囲気が、政治を変える」
とは強く思っています。

だから、どや顔で、
「選挙いきませんでした。どうせ政治はカネまみれでしょ。」
的なことを平気で言うのは、私には理解できなくて。

「選挙に行かなかった」という羞恥心みたいなものは、
ほんの些細でも、感じなくてはいけないのかな、と思います。

今の日本の政治家は、投票率が高い高齢者の票を獲得するために、
政治している傾向があります。

先日のBREXITだって、上の年齢層に行けば行くほど、EU脱退の世論だったでしょ。

で、結果EU脱退。
リーマンショックの再来か、とも言われています。

日本を変えるためには、確実に若い人たちの投票率upが欠かせないんだから、
そういう雰囲気作りをしていない人が、なぜか堂々としている姿に、強い違和感を感じます。

要は、周りの雰囲気を感じ取れるかどうか、ってことだと思ってます。
自分は、周囲の人と話しながら、場の雰囲気は掴みながら進行しているつもりです。
これは、かなり不動産投資にも効果があります。

例えば、
銀行さんが「この物件はちょっと融資が難しいかもしれません」
っていう結論を出した場合、私は大体事前に答えがわかります。

銀行さんは、理由をはっきり言わない場合が多いのですが、
そこまでに至った話の流れ、雰囲気で、
ある程度何が原因なのか、分かってしまいますね。

業者さんに買い付けを提出した時はどうでしょう?

速攻で出したのに、少し時間が経ってから、
「すみません2番手でした。1番手の方で進めさせて頂きます。」
みたいな返事が来たら。

話し方の雰囲気や、口調で。

多分こちらの方が買い付けは先だったが、
あちらの方が価格高かったから、そちらにしたのかな?
的なこともわかりますよね。

だから、その雰囲気を察知してやれば、
業者さんに「もう少し価格あげてもいいよ。ちなみに1番手はどのぐらい?」
とかメリットを提示してやることができる。

金融機関にも、融資がなぜ不調だったのか分かっていれば、
次からはそこをクリアした物件を提案できる。

雰囲気を感じ取れれば、先回りできるんです。

もし、なかなか物件が買い進められなければ、
そこのあたりも意識すると、変わってくるかもしれませんね。

 

関連記事

  1. 不動産投資

    仙台に来ました

    本日、仙台に来ております。…

  2. 不動産投資

    次のリスクに備えよ

    連日Brexitについて騒が…

  3. 不動産投資

    リスクを避けるために買い進める

    時々、「一棟持ってれば十分じ…

  4. 不動産投資

    キャピタルゲインとインカムゲイン

    こんにちは、本田です。キャピタルゲインとインカムゲインって言葉があり…

  5. 不動産投資

    成功確率が上がる勉強の仕方とは?

    こんにちは、本田圭です。最近は、勉強する環境が整っており、調べたい…

  6. 不動産投資

    嫌われる勇気

    なんか、聞いたことあるタイト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 不動産投資

    概要書は他人任せにせず、しっかり見た方が良い理由
  2. 考え方

    環境を変化させる前に考えなければならない事
  3. 4棟目

    都市計画道路がネックになった、飛躍の4棟目
  4. 不動産投資

    信頼できない業者さんと無理に付き合う必要はないですよ
  5. 不動産投資

    金融機関の借りる順番知っていますか?
PAGE TOP