不動産投資

資産管理法人を設立するメリット3点

まずは順位の確認をお願いします。

不動産投資 ブログランキングへ

 

 

 

本田圭です。

 

以前の記事で法人が規模拡大には有利ですよ、
というお話をしました。

 

でも、法人って何?
って話になると思います。

 

もし、個人で不動産を所有した場合、
不動産所得は給与所得と合算され、総合課税されます。
だから、不動産を保有すればするほど、所得税は激増します。

 

所得税の最高税率は
平成27年分以降は、
1800万円以上は40%、住民税合わせると50%になります。
4000万円以上は45%、住民税合わせると55%です。

 

所得の半分以上が持ってかれます。
基本、医師であれば、不動産を持てば、
あっという間に税金50%になるでしょう。

 

なので、資産管理法人を作った方が、
メリットを享受できるよ、ってことなんです。

 

大きく分けて3つのメリットがあります。

①税率

②経費

③損失繰越

上から順に見ていきましょう。

 

①税率

2016年の段階ですが、
私たちが作る資産管理法人のような中小法人であれば、
実効税率は、
恐らく課税所得金額が400万円以下であれば、21%ぐらい、
400万円〜800万円であれば23%ぐらい、
800万円を超えると34%ぐらい
だと思います。

税率だけを考えれば、
個人は年収900万円以上から所得税33%になるので、
それ以上の年収になるのであれば
法人での不動産投資を検討しても良いと思います。

(ただ、やはり物件規模拡大を狙っているのであれば、
収入が幾らであっても、
最初から法人の方がいいと思います。)

 

②経費

 

法人になっていると、経費が認められやすくなります。
具体的にお話しますと、
今住んでいる自宅。
法人名義で借り、事務所として扱うこともできます。
車も、法人所有にすれば、経費で落とす事ができます。
(もちろん常識の範囲内ですが)
福利厚生の目的で、旅行もできます。

また、ここが一番大きいのですが、
自分に給与を支払う事で、法人の利益も圧縮できますし、
家族などに複数給与を分散させる事でも節税できますよね。
(800万円を一人が受け取るよりは、400万円に分けて
2人で貰った方が、累進課税の関係から、50万円ぐらい税金は安くなります。
さらに、そこに給与所得控除も併用すると、もっと圧縮できます)

法人で物件を所有すると、
当たり前ですが、法人の通帳に家賃が振り込まれます。
この法人のお金は、基本的には自分のお金ではないのですが、
経費化する事で、うまく自分のために使う事ができます。

 

③損失繰越

法人は毎年、どのぐらいの利益が出たのか分かるために、
決算書を作らなければなりません。
法人の場合は、赤字決算になったとしても、
そのマイナスは翌事業年度から、7年に渡って繰り越す事ができます。

 

んー、でもこれはどうなんでしょう。

規模拡大を目指す投資家にとっては、
決算書は必ず黒字化した方がいいです。
それも、黒字は大きい方が、金融機関からの評価が高くなり、
融資が引っ張りやすくなるんです。

だから、あまり節税節税しすぎると、
逆に拡大スピードが遅くなる可能性は十分にあるので、気をつけてください。

 

今回、法人のメリットについて、まとめてみました。

 

私も最初、
「法…人…?」
みたいな感じで、非常に敷居が高く感じておりました。

ただ、作ってしまえば何てことはありません。
おすすめとしては、
税理士と司法書士さんがタッグを組んだやっているところの方が、
色々と簡便です。

 

不動産投資これからの方も、もう既に個人で所有している方も、
一度法人については検討してみて下さいね。

 

 

 

 

物件詳細、手法などを知りたい場合はクリックして下さいね。

http://blog.with2.net/link.php?1848417

関連記事

  1. 不動産投資

    不動産投資で規模拡大をするためには、自分のブレない基準を持つことが大切です

    こんにちは、本田です。昨日の記事でもお話したキャッシュフロー、そし…

  2. 不動産投資

    法人になるべきタイミングは?

    こんばんは、本田です。今日は息子と公園で遊んでました。「枝屋さん」…

  3. 不動産投資

    不動産投資で大きく成功するために必要な「待つ」という行為

    こんにちは、本田です。なんか寝不足ですねー。双子が夜通し「うー」と…

  4. 不動産投資

    中小企業倒産防止共済の活用

    こんにちは、本田です。仕事帰宅後も3人の子供の世話で夜中までほぼ休み…

  5. 不動産投資

    事故物件の告知義務は?心理的瑕疵物件への対応方法

    こんにちは、本田です。物件をいざ調査すると、色々な問題が出てきます…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. オーストラリアに行った時の感想をシェア
  2. あけましておめでとうございます!
  3. 突き抜けることが大切
  4. 他人を評価しすぎる自分にならない!
  5. 期待値を考える
  1. 不動産投資

    現地調査はいつすべきか?
  2. 不動産投資

    不動産投資が成功する金融機関の開拓とは?
  3. 考え方

    不動産投資を面白がる
  4. 不動産投資

    成功確率が上がる勉強の仕方とは?
  5. 不動産投資

    気をつけて!大家さんにはならないで!
PAGE TOP