5棟目

消費税還付を連続でGET。短期間で購入できた5棟目

 

 

こんにちは、本田圭です。

5棟目のことについて、お話したいと思います。
5棟目は4棟目購入の翌日に契約を行いました。

物件SPECです。
東北の地方都市。RC。築13年。価格27000万円。表面利回りは12%弱。
この物件はテナントが10戸あります。多めですね。

正直、最初はこの物件敬遠しました。
上にあげたように、この地域でテナントが多めだからです。
もし退去したら、なかなか入りづらくなるのではないか、と不安を感じました。

でも、よくよく考えると、
もうこの時点で家賃収入1億ぐらい行っていました。
つまり、ある程度のリスクには耐えられると考え、購入するに至りました。

これは銀行さんからの紹介。
これってつまり、ほとんど融資OKですよ、ってことじゃないですか!
この銀行さんからは、以前の物件で2015年5月に融資承認を得ました。
今回は2015年11月。
(物件購入は色々な都合で、2016年3月まで引き伸ばされたのですが…)
間にして半年です。

初回融資時には、担当者さんからは、こんなことを言われました。

「1年は融資できませんねー、はい」と!
はっきりと!
目と目を合わせて!
身じろぎもせず!

それが、どうでしょう。半年で姿勢が正反対になりました。

新法人も作り、物件契約。消費税還付をGETしました。

今回の勉強点としては、
「自分のステージを考えよう」
ということです。

今回の物件、もし1棟目であれば、もしかしたら買わなかったかもしれません。
空きテナントはやはり怖い。
でも、
ある程度リスクを許容できる体力があるのであれば、
チャレンジして良いのです。
体力がもっとつけば、
ライバルが手をつけない全空物件や、
再生物件に手を出せます。
新築もいいですね。

ステージが上がれば、選択肢が広がる。

是非、皆さんにはステージを駆け上がり、
より広い世界に踏み込んで貰いたいと思います。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 不動産投資

    【恐怖】不動産投資における家賃保証の危険性
  2. 不動産投資

    不動産投資の失敗は、再現性があるかないかで決まる!
  3. 不動産投資

    アパートローンとプロパーローン
  4. 不動産投資

    【緊急】自己破産する医師が増加
  5. 考え方

    説得力を上げる3つの秘訣
PAGE TOP