不動産投資

不動産投資で、最初は新築をしない方がいい理由とは?

 

こんにちは、本田圭です。

最近は、新築ブームみたいです。
やはり物件がないですからね。
ないなら、自分で作ってしまえ、ということなんでしょうか。

土地から仕込み、物件の設計から一緒に携わる。
良い業者さんが見つかり、建築コストを抑えられる、
利回りが高い物件(RC造で利回り7%後半以上)を見込めるのであれば、
ありだとは思っています。
新築当初は、新築プレミアムで家賃も高く、
空室はほとんどない、
さらに数年後にはキャピタルも狙えますから。

でも、不動産投資にこれから参入する、
そして、規模を拡大していきたい、
という方は、最初に新築はオススメしません。

新築自体はいいと思いますよ。
ただ、順番の話なんです。
もう少し、自分の実績を積んでからであれば、
問題になりにくいのです。

どういうことか、ということを順にお話ししましょう。

例えば、新築1億円(物件5000万円、土地5000万円)の話があったとしましょう。

これは良い!
物件も格好いい!
早速金融機関に打診してみよう!
ということで融資の相談に伺うわけです。

担当者さん「うーん、エリア的にはいいですね…。
何とか掛け合ってみます!(新築だから、評価的には少し落ちるけど…。
お医者さんだから、何とか稟議通るかな?)」

数日後…。

担当者さんからの電話
担当者さん「融資いけそうです!(評価的には8000万円だったけど、何とかお医者さんの属性で
フルローンまで持ち込めた!)諸費用はお支払いいただく形になりますが、いいですか?」

ということで、無事?新築購入に至るわけです。

ただ、自分では気付かないが、この物件は、金融機関からの評価は8000万円。
2000万円分の信用毀損になっているのです!

次の融資の時には、この信用毀損が足を引っ張り、
そう簡単には融資を組めなくなる、というわけです。

新築は評価が7掛け、8掛けになる可能性が大いにあります。

例えば、先に中古の物件を数件持っていたら、どうでしょう?
やはり中古は割安なので、
基本的には評価が上回っているものが多いです。
プラス3000万円ほどの評価であれば、(これを資産超過と言います。)
今回の新築を購入したとして、まだプラス1000万円。
融資は依然として引きやすい、って話なんですね。

最初から新築をオススメしたりしている本もあります。
でもこれって、業者さんのポジショントークだったりもします。
(業者さんは最初の1棟さえ買ってくれればいいわけで、
その投資家さんが規模拡大したいかどうかってのは、
基本考えてくれていません)

もちろん超ハイスペックな物件で、
銀行からの評価も高ければいいですが、
そうでなければ、初期の段階では足かせになる可能性があります。

もし今の段階で、
最初に新築投資をしようと考えている人がいるのであれば、
一度立ち止まって、
購入後の金融機関の評価はどうなるのか、
もう一度綿密にシミュレーションした方がいいと思われます。

関連記事

  1. 不動産投資

    不動産業者を味方につけるために必要なこと

    豊洲移転問題に興味深々の本田です。最近、「物件がない」とお悩みの方は…

  2. 不動産投資

    繰り上げ返済はした方が良いのか?

    時々、不動産投資をやってい…

  3. 不動産投資

    投資効率を考えることが、規模拡大の近道になる理由

    おはようございます。本田圭です。ROIと…

  4. 不動産投資

    高金利で融資を受けると、不動産投資は失敗します

    こんにちは、本田圭です。先日president onl…

  5. 不動産投資

    投資をトータルで考えよう!

    こんにちは、本田です。週末はセミナーがありました。沢山の方にお会い…

  6. 不動産投資

    現地調査はいつすべきか?

    こんにちは、本田です。次の物件の調査のために、今週末に北陸に向かうこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 不動産投資

    木造アパートはどういう人が購入すべきなのか?
  2. 不動産投資

    海外不動産は本当にいいのか?
  3. 不動産投資

    フルローン、オーバーローンで借りるために必要な条件とは?
  4. コラム

    すごい本を紹介します。
  5. コラム

    不動産投資のみに経済的自由を懸ける危険性
PAGE TOP