不動産投資

医師が狙うべき物件価格帯は?

 

 

本田圭です。

不動産投資はライバルが多数おります。
専業大家さんや、業者さんは、
常に情報を張り巡らせているし、
現在は、市況のせいもあって、良い物件はあっという間に無くなる状況です。

忙しい医師や経営者の方は、なかなか難しいですね。

私が考える、属性が良い方のオススメ物件は、
「なるべく高額の物件」
です。

高額になればなるほど、ライバルは少なくなります。
2億以上の物件なんかは、1億台に比べると、
相当参入者も少ないのではないでしょうか?

例を挙げますと、
絶世の美女、薫子ちゃんは、
みんな手を出しづらい。
庶民的な和子ちゃんは
親しみやすくて人気集中。
だから、ここはあえて薫子ちゃん狙いで行こうよ!
といったものでしょうか?
(すみません、例えが古くさくて…)

属性を武器にして、
あまり短期では売れにくいような価格帯の物件を狙っていくのは、
十分ありな戦法だと思います。

逆に、
最初の不動産投資は、
慎重に数千万円のものから買っていこう、
とか考える人は、やはり多くのライバルにさらされるので、
むしろ購入しにくくなるかもしれません。

ここで、考えておかなければならないのは、出口のことです。

入り口がライバル少ないということは、
むしろ売却も参入者が少ないため、
売却時は、長期戦になる可能性があるということです。

ただ、入り口でしっかりキャッシュフローが出る物件を
購入しているのであれば、
むしろ売却をせずに、持ち切りという選択肢も、もちろんあるわけなので、
あまり心配なさらずに。

ダメなのは、将来のことを考え、二の足を踏むこと。

業者さんには自分の希望価格帯をしっかり伝え、
ライバルとの差別化を図りたいですね。

関連記事

  1. 不動産投資

    不動産投資こそPDCAを回そう!

    こんにちは、本田です。医療業界っていうのは「PDCA」って言葉が大好…

  2. 不動産投資

    キャッシュフローの重要性

    こんにちは、本田です。私は、物件を買う際は、まずはキャッシュフロー…

  3. 医師と不動産投資

    女医が不動産投資に有利な理由

    こんにちは、本間です。最近、女性の不動産投資家が増えてますよね。色…

  4. 不動産投資

    不動産投資の不安を解消した方法4つ

    不動産投資は、投資をこれから…

  5. 不動産投資

    太陽光発電に対するスタンス

    こんにちは、本間けいです。太陽光発電、一時期はメチャ過熱した感じでし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 医師と不動産投資

    不動産投資を成功する上で最も大切なものとは?
  2. より良い人生を生きるためのマインドセット

    突き抜けることが大切
  3. 不動産投資

    返済比率を考える
  4. キャッシュフロー

    キャッシュフロー第一主義
  5. 不動産投資の優位点

    これから不動産投資に臨む人に伝えたいこと
PAGE TOP