不動産投資

総資産額とか家賃年収とか、言い方の罠

まずは順位の確認をお願いします。

不動産投資 ブログランキングへ

 

おはようございます。本田圭です。

巷には、
資産何億達成!とか、謳っている書籍やブログがあります。

「億」という響きには、みんな惑わされます。

例えば、「総資産10億!」
の方がいるとします。

おー凄い、と感じますよね。

でも、もし、
「総資産10億!(でも家賃収入5千万)」
となると、どうでしょう?

「ん…?」
となりません?

これって所有物件の平均利回り5%ってことですからね。
もちろん築年数、物件構造、立地諸々、条件は人によって違うし、
キャピタルゲインを狙っているんです、って方なのかもしれない。

でも、さすがに上記の条件を見ると、

「この人、融資は引けてるけど、物件はあまり収益性が高いものは持ってないな。」
と感じる訳です。

だから、
総資産額10億!と書いてあるだけでは、
その方が優れた物件を持っているかは、
わからないのです。

さらに言うと、家賃収入が同じでもキャッシュフローが大幅に違う方もいます。

①「総資産10億、家賃年収1億(でもキャッシュフロー1000万円)
②「総資産10億、家賃年収1億(キャッシュフローは3500万円)

①、②の方のような実績を表面上見れば、
すごい!、と思いますが、
①の方なんてのは実際、火の車です。

恐らく、返済比率は70%とかいってる可能性がありますね。
経費20%と考え、手取りは10%のみ。
そこの10%から時々出る修繕を賄わなければならないという…。
大変…。

②の方はまあまあ優秀なのではないでしょうか?

言いたいことは、
「総資産10億!家賃年収1億!」
とかに騙されてはいけない、ということなのです。

もっと言うと、
「総資産10億、家賃年収8000万円」
とかであれば、
「この人は利回り低めだから、都心部の物件を買い進めているのかな?」
とか予想できるようになるといいですよね。

さらにさらに言うと、
キャッシュフローを
満室収入から経費、家賃返済を引いて出している方もいます。
(普通は空室率を想定した実質収入から引きます)
経費を多少少なめに見積もって、
キャッシュフローを多めに見せてくる場合もあるんです。

これは、業者さんが
「キャッシュフローが出る物件ですよ!」
とか勧めてくる物件なんかそうです。
だからあまりあてにしないで、自分で計算した方が良いです。

だから、
「キャッシュフロー数千万円!」
という場合でも、
そのようなからくりで、
実際はもっと少ないという場合があるんです。

私の場合は、
総資産10.7億、

家賃収入1.3億、
キャッシュフロー5千万弱(実質収入を85%で計算しています)、
返済比率35%
といったところです。

私なんかよりも高収益の物件を
沢山買っていらっしゃる方は山のようにいるので、
さらなる精進が必要ですね。

 

いずれにしても、「億」という響きがキャッチーなのは同意です笑。

物件詳細、手法などを知りたい場合はクリックして下さいね。

http://blog.with2.net/link.php?1848417

関連記事

  1. 不動産投資

    不動産投資の不安を解消した方法4つ

    不動産投資は、投資をこれから…

  2. 不動産投資

    【医師の現実】なぜ不動産投資が医師に向いているのか?

    皆さんは、勤務医の慟哭を聞いたことがあるで…

  3. 不動産投資

    太陽光発電に対するスタンス

    こんにちは、本間けいです。太陽光発電、一時期はメチャ過熱した感じでし…

  4. 不動産投資

    債務超過状態を抜け出す方法

    こんにちは、本田圭です。先日は、築30年…

  5. 不動産投資

    属性って何なの?

    こんばんは、本田です。突然ですが、ダイエットに励んでいます。普通に…

  6. 不動産投資

    複数棟持つと、どの程度忙しくなるのか?

    こんにちは、本田です。私は今、6棟所有しているのですが、ロットが大…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 突き抜けることが大切
  2. 他人を評価しすぎる自分にならない!
  3. 期待値を考える
  4. 嘘つきの見極めと指値の見極め
  5. トレードオフを理解する
  1. 不動産投資

    借金は悪?破壊的借入のススメ
  2. 金融機関

    金融機関が、信用毀損を起こす物件にも融資をする理由
  3. ご挨拶

    ご挨拶
  4. コラム

    このアイテム、使えるなあ…
  5. 不動産投資

    投資効率を考えることが、規模拡大の近道になる理由
PAGE TOP