不動産投資

融資は不動産投資になくてはならないもの。都市銀行の特徴について挙げてみた。

 

こんにちは、本田圭です。

もうお分かりだとは思いますが、
不動産投資に取って、融資はなくてはならないものです。

それは、バイオリンが欠けたオーケストラのようなもの。
納豆がない朝食のようなもの。(わかりづらい?)

なくては、基本成り立たないのです。

融資してもらうためには、各金融機関の特徴を知らなければなりません。
今回は、都市銀行についてまとめてみました。

ご存知だとは思いますが、
都市銀行は次の5行です。

・三菱東京UFJ銀行
・りそな銀行
・埼玉りそな銀行
・三井住友銀行(SMBC)
・みずほ銀行

一般的に不動産投資に前向きなのは、
りそな銀行、三井住友銀行、みずほ銀行
の3行でしょう。

みずほ銀行は一時期前はそんなに積極的ではなかったようですが、
最近は投資家の方から、よく融資してもらっている、という話も聞きます。
中古RCを買いたいってことであれば、
この3行が鉄板になります。
まずは融資エリア。

基本的に都市銀行っていうのは、
支店があるエリアは全て範囲になります。
だから、ほぼ全国です。
ただ、ATMがある出張所とかは別ですよ。

もし支店がなくても、近隣のエリアをやってる支店さんもあるので、
もしお目当ての物件がある地域、もしくは近くにその銀行さんがあれば、
チャンスかも、と思ってアタックしてみましょう。

ただ、やはり担当者さんによる違いはあります!
まあ、この話は今度にしますか…。

上記は一般的な都市銀行の話。

具体的には、
りそな銀行なんかは、
支店があっても融資はしてくれないことが多いです。
基本、りそな銀行は政令指定都市を中心とした物件への融資を好みますので、
収益性が良くても地方、ど田舎の物件には融資がつかないことが多いですね。
続いて、融資可能金額ですが、大体5億といったところでしょうか?
もちろんその方の属性や金融資産などで変わってくるのは事実です。
SMBCは3〜5億、りそなは5〜10億ぐらいが限度という話もあります。

融資期間についても、各銀行で異なりますので、
ヒアリングして聞いてみてください。

都市銀行は何と言っても、その低金利が魅力です。
敷居は高いですが、
スルガ銀行なんかと比べちゃったら、
キャッシュフローの差に愕然とします。
安い人だと0.5%とかで借りてますからね。
スルガ銀行は4.5%ですから、
その差4%!
物件価格が1億であれば、年間400万円も違います。

頭金はというと、やはりオーバーローンは初回からは非常に出にくいでしょう。
初回物件購入では、フルローンが出れば御の字です。

 

色々と上げましたが、
何と言っても、都市銀行の強みは、そのエリアの広さと金利の安さ。

もし、都市銀行でも検討可能な物件があるのでしたら、
一度担当者さんとお話ししてみるのもいいかもしれません。
良い金利であれば、良好なキャッシュフローを生み出してくれる原動力になりますから。

 

 

関連記事

  1. コラム

    不動産投資のみに経済的自由を懸ける危険性

    こんにちは、本間です。 昨年はGWも外来だっ…

  2. 不動産投資

    キャッシュフローの重要性

    こんにちは、本田です。私は、物件を買う際は、まずはキャッシュフロー…

  3. 不動産投資

    金融機関の借りる順番知っていますか?

    こんばんは、本田です。色んな方から、銀行の使う順番を聞かれることがあ…

  4. 不動産投資

    【緊急】自己破産する医師が増加

    こんにちは、本田です。ちょっと衝撃的なタイトルですが、そうなんです…

  5. キャッシュフロー

    拡大に必要な物件売却と、僕の考え方

    こんにちは、本間です。今回は、物件の売却につい…

  6. 不動産投資

    RCってどうなの?

    RC造の物件を私は買い進めています。&n…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 不動産投資

    属性にあぐらをかかない方が良い理由
  2. コラム

    【医師の現実】医師の残業 法施行5年後に規制へ
  3. 医師と不動産投資

    【医師の現実】勤務医の過酷な現状、知りたいですか?
  4. キャッシュフロー

    キャッシュフローが出る物件を選ぶという意味
  5. 不動産投資

    投資規模拡大を目指す人が最初でつまずかないために。
PAGE TOP