不動産投資

高金利で融資を受けると、不動産投資は失敗します

 

こんにちは、本田圭です。

先日president onlineを眺めていたら、
下記の様な記事がありました。

http://president.jp/articles/-/18560
私は、以前からこのブログで申し上げていますが、
世間も危機として認識してきた様ですね。

こういう風な記事が出るということは、
リカバリ−が難しい物件を購入している方が
相当数、蔓延している可能性があります。

恐らくこの記事で挙げている一部地銀って、
ス○ガ銀行さんとか○岡銀行さんとか、
限られた銀行だと思います。

不動産業者さんが銀行さんと手を組み、
「すでに融資内諾済みです」
のような唄い文句で、
ほぼ知識がなく、属性は安定した方々を狙い撃ちにします。

怖いっす!

まず、金利が高すぎるますから。
ス○ガ銀行の場合、4.5%ですから。
最近は、一般の銀行の金利は1%台が多いので、
物件の規模にもよりますが、
ここだけで年間数百万違ってきますよ。
再生物件とか利回り数十%とかの物件ならまだしも、
なぜ利回り9%とかの物件をス○ガで買ってしまうのか…。

でも、簡便さとか、業者さんの紹介とか、
安直な理由でその金融機関を使用してしまうと、
後で痛い目を見るのは自分自身、そしてそのご家族です。
これこそ嫌われたくない罠です。
業者さんが良さそうな人だから、
もしくは断る理由もないから、
その銀行でお願いします的なのは、
後々苦労しますよ〜。

今の市況は、良い物件がなかなかありません。
でも融資は出ます。
では、どうするのか?
金利交渉を頑張りましょう、というのが一つの策です。

リーマンショック後なんかは、収益性が高い物件で溢れてたのに、
銀行での金利は今ほど低くはなかったんです。

今は物件の収益性が低くても、金利を下げれば、
リーマンショック後と同じまではいかなくても、
キャッシュフローが十分出る物件を購入できるわけですよ。

それを、なぜ?
今の市況で、わざわざ高金利で購入するのか!
って話ですね。

実際、ス○ガ銀行さんから購入し、
金利交渉をして金利を下げていらっしゃる方もおります。
ただ、中には金利交渉を一切受け付けてもらえない方もおります。

将来、金利交渉ができるだろうから大丈夫でしょ。
というのは、楽観的過ぎます。

他にも、
色々とそういう金融期間で融資を受けるとまずい現象があります。
次回、そこについて説明しましょう。

関連記事

  1. 不動産投資

    節税のために車を購入する理由

    連日、オリンピックの中継で目頭が熱くなっている本田です。…

  2. 不動産投資

    中小企業倒産防止共済の活用

    こんにちは、本田です。仕事帰宅後も3人の子供の世話で夜中までほぼ休み…

  3. 不動産投資

    新築区分所有マンションが危険な理由

    こんにちは、本田圭です。前回に引き続き、区分所有の罠についてお伝えし…

  4. 不動産投資

    返済比率を考える

    こんにちは、本田です。昨日は例のホワイトボードを使いながら、長男の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. コラム

    お金をなるべく寝かさない
  2. 不動産投資

    RCってどうなの?
  3. 考え方

    副業をする医師がこれから増えます!
  4. 医師と不動産投資

    【医師の現実】勤務医の過酷な現状、知りたいですか?
  5. 4棟目

    都市計画道路がネックになった、飛躍の4棟目
PAGE TOP