不動産投資

キャッシュフロー確保後の戦略

 

子供に駐車券をぐしゃぐしゃにされて、
駐車場から出られなくなった本田です。

最近、不動産投資を始めたという方を
実生活でもちょくちょく見かけます。
こんな感じだと、ある程度の規模に到達している投資家さんも
かなりいらっしゃるのでしょう。

では、そのようになり、ある程度のキャッシュフローを得た後は、
皆さんどういう方向で不動産投資を進めるのでしょうか?

実際、キャッシュフローが潤沢にあれば、かなり自由度が増します。
ある程度キャッシュがあるから、
もう不動産投資はストップするという方も、もちろんおります。

反対に、さらに投資のスピードを上げる方もいらっしゃいます。
キャッシュフローがあれば、リスクある物件の購入も可能ですからね。

例えば、築30年空室率70%のRC物件、でも利回りが20%over。
もし、空室率が改善する見込みがあるなら、購入したいですよね。

こういった物件は確実に初期は持ち出しになります。
まだ1棟も持っていない方がこの物件を購入すれば、
ご自身の給料から補填しなければなりませんが、
すでに数棟所有していれば、家賃収入を補填すればいいだけの話なので、
投資家のステージで、買える買えないが決まってきます。

新築案件はいかがでしょうか?
新築もやりようによっては、美味しい物件です。
新築は初期は空室率は相当低いですし、
新築プレミアムも付いているので、家賃は相場より高いのが数年間は続きます。
転売すれば転売益も出ますので、
面白い投資案件になります。
ただ、これも基本的には物件未保有者は購入は控えるべきでしょう。

新築を購入する場合、
当然銀行から融資を引いて、物件を取得するわけですが、
文字通り「新築」なので、
基本的にはまだ「建っていない」わけです。
物件が完成するまで、1年半ぐらいでしょうか?
その間は家賃収入は入りません。
ただ、金融機関への返済は始まります。
元本ではなく、交渉で金利だけの返済も可能でしょうが、
金利だけでも、もし3億のRC物件、金利1%だったら、
ざっくり年間300万円は給料から補填です。
家賃収入はないのですから、
その1年半は自己資金が減るだけの期間になります。

これはきつい。
だから、
他の物件の家賃収入などで補填できるようになってから
購入するべきでしょう。

投資にはステージがあります。
で、初期は手持ちのキャッシュが最も大切です。

ステージが上がれば、一般の投資家が狙わないような物件にチャレンジできるので、
それこそライバルが少なくなります。

なるべく早期に不動産投資を開始し、
キャッシュを積み上げ、
銀行への実績を積み、
経験を積むことで、
有利なステージに立ちやすくなります。
つまりやればやるほど楽になっていくのが、
不動産投資の世界なんですね。

関連記事

  1. 不動産投資

    無料skypeのご案内

    こんにちは、本田です。今は種まきのために、業者さんや銀行さん開拓に…

  2. 不動産投資

    海外不動産は本当にいいのか?

    最近、海外不動産を始める方が多いですよね。…

  3. 不動産投資

    投資規模を拡大するために大切な考え方

    こんにちは、本田圭です。最近ちょっと不動産投資の拡大をお休みしていた…

  4. 不動産投資

    法定耐用年数超過の罠

    こんにちは、本田圭です。前回の記事で、一部の地銀を使用…

  5. 不動産投資

    不動産投資の不安を解消した方法4つ

    不動産投資は、投資をこれから…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. コラム

    詐欺とか、そういうことについて僕が思うこと
  2. 金融機関

    銀行を競わせない方が良い理由
  3. 不動産投資

    【医師の現実】医師こそがキャリアデザインを考えるべきだと思う
  4. 考え方

    やりがい搾取に気をつけよ!
  5. コラム

    自分のベーシックインカムを作るという発想
PAGE TOP