不動産投資

節税のために車を購入する理由

まずは順位の確認をお願いします。

不動産投資 ブログランキングへ

 

連日、オリンピックの中継で目頭が熱くなっている本田です。

今回は車の話をしたいと思います。
あなたの同僚でも、
仕事始めて間もない時期から、高級外車を購入している方、
いらっしゃいませんか?

私の同期は研修医1年目でベンツを購入していました。
その時から投資が好きだった私は、
そんな金があったら投資に使うなー、と思いながら眺めていたものです。

いや、高級車がダメって訳ではないです。
むしろ私も好きです。
ただ、せっせと貯金して高級車を買うような考えはおすすめできません。
何事も順番がありますから。

実際、不動産投資を始めると、
経費で車を購入できるようになります。
それも、2年ごとに買い換えられるようになります。

どういうこと?とお思いになるかもしれませんが、
これは、減価償却の考えなんですね。

車などの新車の耐用年数は6年です。
わかりやすく言うと、
600万円の新車は6年かけて経費にできるよ、ってことです。
つまりは年間100万円ずつ経費にできるんですね。

不動産の収入は多めですので、
100万円ぐらいじゃ、節税効果が少なめです。

ただ4年落ちの車であればどうでしょうか?
中古資産の場合、
耐用年数=法定耐用年数−経過年数+経過年数×20%
という式になりますので、
6年-4年+4年×20%=2.8年になりますね。
小数点以下切り捨てで2年になります。
5年落ちも同じ考え。
6年落ちの場合、法定耐用年数の全てを経過してしまっているので、
最短の2年になります。

つまり4年落ち以降の車は、2年で経費を落とせるんですね。
だから中古の4年落ちのベンツを600万円で購入すれば、
年間300万円で2年間経費として落とせます。
で、2年経ったら売却です。
国産の車はハイペースでデザインが変わりますが、
外車のデザイン変更は頻繁ではないので、価格も落ちにくい。
2年乗っての売却ではそこまで価格は落ちません。

まあ定率法などありますので、
詳しくは税理士さんにんご確認ください。

いずれにしても、
この知識を知っているか知っていないかで、
数百万円、数千万円変わってくる可能性があるのです。

600万円あれば1億の物件をフルローンで購入できますよ。
キャッシュフローが出る物件であれば、
年間300万円以上は確保できますね。

この規模なら新車を購入して6年で落としてもいいわけです。
もっと規模が大きくなったら、節税効果の高い4年落ちの車でもいいですね。

順番を間違えなければ、
得なことが沢山あります。
そして、これは知識次第なのです。

自分一人で知識を増やしたければ、
本を購入したり、教材を買うしかありません。
ただ、この方法はデメリットがあります。
それは、「偏り」ですね。

あなたは本屋に行った時、何コーナーに行きますか?
不動産投資本コーナー?
ファッション雑誌コーナー?
それとも旅行コーナーでしょうか?

私は、サッカー雑誌コーナーです笑。

私も含め、全てのコーナーを万遍なく見る方はいないでしょう。
もしかしたら、隣のコーナーに有益な情報があるかもしれないのに、
目もくれません。
私たちが知らない「キーワード」が多数隠れているのに。

例えば、今回の記事で「4年落ち」というキーワードを始めて知った方は
インターネットでどんどん調べられます。
ただ、このキーワードを知らなければ、ネットでも調べようがありません。

「キーワード」を知ること。
これが現代社会で生きるのに必要なことです。
情報感度と言っても良いかもしれません。

詳細な知識は自分で調べればいいのです。
ネットがこんなに発達した今、
基本的には調べられないことは限りなく少ないです。
ただ、調べるためには、
検索窓に、
自分で、
「キーワード」を打ち込まなければならないのです。

いかにその「キーワード」が大切かお分かりになりましたでしょうか?

「キーワード」を知るためには、独りの力では限りがあります。
基本的には他者からポロっと出た言葉が重要だったりします。
だからコミニュティに入った方がいいのです。
その一語を知るために、数十万円払っても私は良いと思ってます。
だって、「4年落ち」のキーワード一つで、数千万円お得になる可能性があるのですから。

もし教材や本などの価格を見て、「高いなー」と思っている方は、
上記の意識が少し希薄かもしれません。

「損して得取れ」ではないですが、
まずは知識に投資することで、
より開かれた未来が見えるはずです。
是非実践してみてください。

 

物件詳細、手法などを知りたい場合はクリックして下さいね。

http://blog.with2.net/link.php?1848417

関連記事

  1. 不動産投資

    規模拡大においてブレーキになる、木造アパートの投資

    シン・ゴジラを観てきた本田です。いやー、最高ですね!ゴジラとか恐竜…

  2. 不動産投資

    不動産投資で規模拡大をするためには、自分のブレない基準を持つことが大切です

    こんにちは、本田です。昨日の記事でもお話したキャッシュフロー、そし…

  3. 不動産投資

    「年齢別」狙うべき不動産

    こんばんは、本田です。やっとこさiPhone7 plusブラック入手…

  4. コラム

    不動産投資には、場の雰囲気を読む能力は必要か?

    本田圭です。私、メルマガとか好きで、色んな方が発行しているのを、結…

  5. 不動産投資

    キャッシュフロー確保後の戦略

    子供に駐車券をぐしゃぐしゃにされて、駐車場から出られな…

  6. 考え方

    分散投資のデメリット

    こんにちは、本田圭です。&…

コメント

  1. 中古車で節税はよく聞きます

    私の周りの社長さんは
    ベンツではなく、フェラーリとかランボルギーニなどで
    2000万以上の車でやっている方が多いですね

    その理由は価格が下がらない・下がりにくいからです
    4年落ちから2年経過した中古車の価格が下がっても
    その差額を少し出して新規に4年落ちの中古車を購入すれば、
    また経費計上出来るというスキームを使っている
    社長さんは多いです

    場合によっては購入した時より諸経費含めても価格が上がっている
    限定車などがあって、それを指定して中古車を購入している社長さんもいますね

      • shishimaru
      • 2016年 8月 12日

      大黒天人様

      コメント頂き、誠にありがとうございます。
      おっしゃる通りで、
      フェラーリ、ランボルギーニなどは旧モデルの方が人気があったりしますから、
      ベンツなんかよりも理想的ですよね。
      今は街中ベンツやBMWで溢れかえってますから…。
      ご教授頂き、ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 突き抜けることが大切
  2. 他人を評価しすぎる自分にならない!
  3. 期待値を考える
  4. 嘘つきの見極めと指値の見極め
  5. トレードオフを理解する
  1. 考え方

    amazonレビューって危ういですよね
  2. 土地値物件

    土地値物件に対する私のスタンス
  3. 不動産投資

    節税のために車を購入する理由
  4. 不動産投資

    なぜ、私は、株でもなく、FXでもなく、不動産投資なのか?
  5. 金利

    イールドギャップと不動産投資
PAGE TOP