不動産投資

買っていけない物件は存在するのか?

こんにちは、本田圭です。

不動産投資に勉強熱心な方は沢山いらっしゃいます。
私も当初、何十冊も本を読みました。

でも、知識がついてくると、
市場に出回っている物件の粗が見えてきます。
「ちょっとエリアがなあ」
「躯体がかなり傷んでいるよ」
「田舎すぎて管理会社がほとんどない」
「RCの築年数浅いのじゃなきゃ嫌なのよ」
「ここの町はどんどん人口が減っていて将来危ないんじゃないか」

こういう風になってくると、
物件を購入できなくなります。
基準がどうしても高くなってしまうんですね。
物件購入には妥協が必要なのに、
本に書いてあるような
理想の物件や理想の買い方を追い求めてしまう。

大切な事は、
「安けりゃ、どんな物件だって買っていい」
ってことです。

ものすごい田舎で、管理会社さんもほぼなく、
躯体もボロボロ。
でも家賃1万円なら部屋が埋まり、
それで収益性があるのなら、それでいいんです。
木造だって、圧倒的に市場評価より安ければ購入していいんです。

安ければいい。
でもどのぐらいの価格なら割安なのか、
どのぐらいの収益が出るのか、
って所は、自分でパッと分からなければなりません。
そうすれば、他の人より一歩先に出れます。

もし価格が高くて、
売主さんも安くするつもりがないのであれば、
見送りすればいいだけです。
割高な物件を購入すれば、購入後は苦労するだけですから。

自分の軸(購入基準)を決め、迅速に判断。
基準から逸脱しても、妥協できる収益があれば購入。
完全に割高なら見送り。

これを繰り返すだけです。
逆に購入基準がないと、
物件一つ一つに一喜一憂し、
物件を見送りできずにズルズル引きずったりしてしまいます。

安ければ購入していい!
その考えがあれば、もっとシンプルに不動産投資を進められるかもしれません。

関連記事

  1. 不動産投資

    節税のために車を購入する理由

    連日、オリンピックの中継で目頭が熱くなっている本田です。…

  2. 不動産投資

    どこまで拡大したい?

    今は家賃収入1.3億です。…

  3. 不動産投資

    返済比率を考える

    こんにちは、本田です。昨日は例のホワイトボードを使いながら、長男の…

  4. 不動産投資

    不動産投資で、最初は新築をしない方がいい理由とは?

    こんにちは、本田圭です。最近は、新築ブームみたいです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. キャッシュフロー

    キャッシュフローだけじゃダメな理由
  2. コラム

    不動産投資含めた最近の動向
  3. コラム

    「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  4. 不動産投資

    【疑問】住宅ローンは不動産投資に影響を与えるか?
  5. 不動産投資

    収入の多角化が必要な時代
PAGE TOP