不動産投資

投資規模を拡大するために大切な考え方

こんにちは、本田圭です。

最近ちょっと不動産投資の拡大をお休みしていたのですが、
そろそろ買いたくなってきました、、、。

資産規模10億を超えると、仮に利回り10%の物件であれば、
単純に考えれば家賃収入1億円に行きます。

では、それ以上の資産規模を狙うためには、
どうしていけばいいのかと言うと、
「より売買の機会を増やす」
ことに尽きるのではないかな、と思います。

「本田!あたりめーじゃねーか!」

と思った方、申し訳ありません。
でも、それしかないんです、、、。
私は、敢えて「売買」という言葉を使いました。

不動産を「買う」だけでは、やはりスピードが上がりません。
不動産を「売る」ことで、より投資効率が上がると、私は考えています。

だって、買い続けるのって、どうしても資金が必要なわけですよ。
フルローンだって諸費用分が必要だし、
銀行によっては、「定期預金を入れて下さい」ってところもあります。

仮に1億円の物件を持っていれば、キャッシュフローは年間200〜300万円ぐらいでしょうか?
もしこの物件が1億2千万円で売れれば、一瞬でこの物件の6年分の資金を得ることができます。
(譲渡税や手数料などはここでは置いときます)
さらにこの2千万円を使って、新しい物件の頭金にすることができます。
2千万円あれば、3億円ぐらいのRCの諸費用分にはなるのではないでしょうか?

「売却」というイメージを持つだけで、
1億の物件を、3億の物件に変えられる可能性が出てくるのです。
しっかり売却益が出るのであれば、
売っては買ってを繰り返すことで、
資産規模を拡大するスピードを一気に加速できます。

もちろん、売却は手間がかかるというのも事実。
空室率が高かったり、管理が行き届いていない物件を割安で購入し、
リフォームをし、満室にして売却することで、
売却益は多く見込めますが、手間が数倍かかるんです。

元はといえば
不動産投資を始めた多くの方は、
安定収入を得るためにやっていたりします。
だから、売却は億劫だなあ、と感じる方もいるかもしれません。

売却しなければしないでいいと思います。
購入時にキャッシュフローが出る物件を買っているわけなので。
基本、持ちきりでもいいぐらいの物件を私は購入しています。
ただ、物件棟数が多くなれば、
必ずその中で「お荷物」とまではいかないにしても、
キャッシュフローが出にくい物件が見えてくると思うので、
そういった物件は、新しい物件に入れ替えてもいいとは思うんですね。

ドラクエでいう、装備変更でしょうか?
武器屋さんで新しい強い武器が売ってたら、
今まで装備していた武器を売って、その金で新しいものを買う、
ってイメージでしょうか。

売却を視野に入れるのであれば、
長期保有の物件と、短期保有の物件を持つ、というのも一つの考え方でしょう。
短期保有の物件は、購入時から売却のイメージを持って取り組むわけです。
不動産のポートフォリオ的な感じですね。
資産分散で安全性は高まります。

何れにしても、
アクティブな方が規模拡大しやすいのは事実です。
ここでも行動した者勝ちなんですね。
不動産を沢山所有すればするほど、
やれることが増えて、すごく楽しくなりますから、
皆さん、おのずとアクティブになっていくのですが。

まずは1棟所有。できるところからやっていきましょう。

関連記事

  1. 不動産投資

    不動産投資こそPDCAを回そう!

    こんにちは、本田です。医療業界っていうのは「PDCA」って言葉が大好…

  2. 不動産投資

    6棟目契約終了しました。

    こんにちは、本田です。先日、6棟目の物件契約やってきました。170…

  3. 不動産投資

    不動産投資において購入してはいけない物件とは?

    日本代表が負けて不機嫌な本田です。不動産投資を始めるにおいて、「ど…

  4. 不動産投資

    成功確率が上がる勉強の仕方とは?

    こんにちは、本田圭です。最近は、勉強する環境が整っており、調べたい…

  5. 不動産投資

    メンターを考える

    なかなか物件を購入できない場合、一度メ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 不動産投資に対する準備

    釣りと不動産投資
  2. 不動産投資

    不動産投資の不安を解消した方法4つ
  3. 土地値物件

    土地値物件に対する私のスタンス
  4. コラム

    不動産投資含めた最近の動向
  5. コラム

    すごい本を紹介します。
PAGE TOP