不動産投資

不動産投資で失敗する人の共通点

おはようございます。本田です!

不動産投資を始めるのを躊躇している方は多いと思うんですね。
大体、そういう方は、
やはり不動産の価格の大きさから、
「失敗したらどうしよう、、、」
と漠然とした不安を抱えている方だと思います。

不動産投資において、「失敗」とはどういうことでしょうか?
それは、「キャッシュアウト」です。
つまり、お金がなくなる状態ですね。
不動産投資は、基本的には物件を融資で購入するので、
金融機関に毎月返済をしなければなりません。
もし返済ができなければ、
物件は差し押さえられてしまうかもしれません。
つまり、
返済しても、常に口座にはお金がある状態にしなければならないのです。

不動産投資をしていて、お金が残らない人に共通して言えることは、
「返済比率が高い」ことが挙げられます。
家賃収入に対して返済がどのぐらいの割合か、というものですね。
私はいつも30%台です。
しかし、「失敗」する人は、この返済比率が60%だったり、それ以上だったりします。

物件保有にかかるお金は、銀行への返済だけではありません。
物件の管理費やランニングコストなどの経費もかかります。
これは物件にもよりますが、おおよそ20%程度のことが多いです。

もし返済比率が60%なら、経費と合わせて80%の家賃が持って行かれることになります。
そうすると手残り20%ですね。
大体、上記は、満室家賃つまり100%で考えているから
このぐらい残るのであって、
もし年間の空室率が15%であれば、残りは5%となってしまいます。
ここに大規模修繕や、エクストラの持ち出しがあると(エアコンが壊れたなど)、
あっという間に底をつきます。

銀行への返済比率は変えようがありません。
利率の変更のお願いは出来るかもしれませんが、
物件保有間もない時には、相談には乗ってくれないでしょう。

返済比率が高ければ、
今度は空室を埋めるのにお金をかけられません。
広告費も増やせないし、
リフォームもできない。
家賃を下げる体力もない。
そうすると、ますます空室率が高まり、
負のスパイラル状態です。

逆に言えば、返済比率が40%以下の方で破綻しているのを見たことがありません。
購入前に返済比率なんて分かるのですから、
そういった物件を買っていけばいいわけです。

そして、投資家としてのステージが上がり、
自己資金も豊富に持てるようになってから、
返済比率が高くても、収益性が高い物件を狙っていけばいいのです。
(融資年数が短いが、利回りが高い案件などですね。)

ご自身が購入される物件の返済比率には気をつけてください。
1棟目は、返済比率をなるべく抑えた、安定した物件を購入するべきです。

関連記事

  1. 不動産投資

    購入しても良い物件の基準の決め方

    こんにちは、本田です。今日は妻の1か月検診の日でした。予約が10時…

  2. コラム

    不動産投資のみに経済的自由を懸ける危険性

    こんにちは、本間です。 昨年はGWも外来だっ…

  3. 不動産投資

    【衝撃】区分所有の罠

    こんにちは、本田圭です。最近、区分所有を購入された医師の方の相談に乗…

  4. 不動産投資

    投資規模拡大を目指す人が最初でつまずかないために。

    おはようございます!本田圭です。今日はこれから不動産投資を始める予定…

  5. 不動産投資

    概要書は他人任せにせず、しっかり見た方が良い理由

    今までダメだった物件を紹介し、自身の反省と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 5棟目

    消費税還付を連続でGET。短期間で購入できた5棟目
  2. コラム

    レバレッジ不動産投資
  3. 不動産投資

    融資は不動産投資になくてはならないもの。都市銀行の特徴について挙げてみた。
  4. 不動産投資

    物件を買えない理由
  5. 消費税還付

    消費税還付について
PAGE TOP