不動産投資

海外不動産は本当にいいのか?

 

 

最近、海外不動産を始める方が多いですよね。

私は、今のところは考えておりません。
だって、国内不動産投資の方が圧倒的に美味しいですからね。

何が美味しいかというと、
日本ほど不動産投資に対して融資が出る国は海外にはない、ということです。

海外の場合は、良くても、MAX8割ぐらいまでしか融資は出ないでしょう。
残り2割は自己資金になります。
さらにいうと、基本的にはあちらはキャピタルを狙います。
プレビルドなど、完成前の物件を購入し、
完成直後もしくは数年経ってから売却という形です。

つまり、最初は自己資金がかかり、
リターンが出るのは、早くて数年後。
お金が無い方にとっては美味しくないんですよ。

もちろん、人口ボーナスがあるような国は、
大きく発展する可能性もあるので、
値上がりは期待できますが、
そういった発展途上国は、
基本、「騙し騙され」が根っこにありますので、リスクが高いです。

それだったら、よっぽど国内で新築RCをやった方が良さそうです。
国内だとインカムも期待できますし。
発展途上国は、日本みたいに管理会社がしっかりしてませんから、
客付けなども日本のように任せっぱなしという訳にはいかないでしょう。

もちろん、海外不動産投資で成功してらっしゃる方も沢山おります。
一番大事なのは、
それぞれの投資ステージで、投資方向が違う、ということなんです。

1000万円も資金がない方が、
有り金全てを海外不動産につぎ込んでも、無駄です。
キャピタルを狙うのですから、
数年は資金が使えなくなり、投資スピードが圧倒的に落ちます。
大体、数年後にキャピタルゲインが本当にあるかも分からないんですから。

でも、そこらへんが分からずに、
業者さんの
「今がチャンスですよ」
という言葉に騙され、
国内に1つも不動産を持っていないのに、
海外不動産を購入してしまう人さえいるのです。

国内不動産が圧倒的に成功している方なら、
許容できるリスクも桁違いなのですから、
投資のエリアを広げていくのは全く問題ありません。

ただ、持たざる者は、一点集中です。
海外不動産は置いといて、国内に絞るべきでしょう。
成功するためには、まず一つに絞る。
不動産投資はあっという間にCF1000万円を超えますからね。
情報は幅広く受け取った方がいいですが、
絞り込みをしっかりして、
今の、そして将来の自分には何が必要なのか、今一度考えてみてくださいね。

関連記事

  1. 不動産投資

    個人、法人の考え方

    私見ですが、不動産投資のやり方で、個人、…

  2. 不動産投資

    【医師の現実】医師はリッチなのか?

    平成21年に実施された、医療…

  3. 不動産投資

    キャピタルゲインとインカムゲイン

    こんにちは、本田です。キャピタルゲインとインカムゲインって言葉があり…

  4. 不動産投資

    キャッシュフローの重要性

    こんにちは、本田です。私は、物件を買う際は、まずはキャッシュフロー…

  5. 不動産投資

    物件を買えない理由

    私は、1年半ぐらい物件を購入できない日々が…

  6. 不動産投資

    返済比率を考える

    こんにちは、本田です。昨日は例のホワイトボードを使いながら、長男の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 考え方

    不動産投資の交渉に成功する秘訣
  2. 不動産投資

    最近の状況と減価償却を大きくする裏技
  3. 不動産投資の優位点

    これから不動産投資に臨む人に伝えたいこと
  4. 市街化調整区域

    市街化調整区域について
  5. 不動産投資の優位点

    ストックビジネスとしての不動産投資
PAGE TOP