不動産投資

物件探しは妥協のバランスが決め手!

桃が大好きな本田です。

物件探しっていうのは、大変です。
何年も探してるのに購入できないという人もいます。
私も当初1年ぐらい買えませんでした。

そういう状況になると、「物件欲しい欲しい病」に感染します。

このウイルス、かなりの感染率です。
そして、なかなか治りにくいのが特徴。
潜伏期は半年ぐらいでしょうか笑。

あーつらい、つらい。
早く薬が欲しい。
この流れで、みなさん、「キャッシュフローが出ない物件」という名の
どこでも手に入る薬を購入してしまいます。
その薬が劇薬だと知らずに、、、。

やったー、これで病気が治る!
これからはもっと明るい生活が送れそうだ!
と思ったのも束の間、
今度は買ったら買ったで、別のストレスが出現します。

キャッシュフローが無いのに、修繕費だけがどんどん請求される。
キャッシュが無いのに、固定資産税の振込を結構払わなければならない。
元からの空室も埋まらず、キャッシュもないのでリフォームできない。
馬鹿高い金利。

ある日管理会社から電話が。
「ここの部屋ですが、家賃交渉がありました。下げてもいいですか?」
いやいや、家賃が下がったら、もっとキャッシュが減っちゃうじゃないの。
でも、退去されたら、痛手だしなあ、、、。
ということで、家賃下落を承諾。
バリューアップもできないので、
どんどん空室が出ます。
まさに負の連鎖。
これはやばい、、、。

仕方ない、売却するか。
と思った頃にはかなりのボロボロ物件になっており、
投資家から買い叩かれ、
無事売却できたものの、損失は数千万円、、、。

これが、悪いウイルスに感染した結果です。
妥協しすぎた物件を、妥協しすぎた融資条件で購入した結果ですね。

逆に妥協しなければどうでしょうか?
もちろん物件を取得できれば、
安定した運営が可能です。
キャッシュもどんどん溜まり、正のスパイラルに入るでしょう。

でも、このご時世、なかなか物件を購入できないのも事実。

なので、目線をやや下げ、
ある程度のキャッシュが出る物件は購入しても良いとは思います。
今は金利も安いし、融資も出やすいし。
購入後に、資産を組み替えていけば良いわけだから、
数年買えてない、とかいう方は目線を下げる努力をすれば良いかもしれません。

あくまでも、不動産投資はただの「投資」。
他に良い条件の投資があれば、そちらに目を向けても良いのです。
もちろん物件は検索し続けるのですが。

私も買えない1年は焦りましたが、
その分視野も広くなりました。

ストレスが溜まっていくのは、
本来、ストレスフリーの生活をしようとしているのに、
本末転倒ですからね。

是非、広い視野を持って、投資を続けていって欲しいと思います。
相談したい時はいつでもコメントください。

関連記事

  1. 不動産投資

    不動産投資で、最初は新築をしない方がいい理由とは?

    こんにちは、本田圭です。最近は、新築ブームみたいです。…

  2. 不動産投資

    RCってどうなの?

    RC造の物件を私は買い進めています。&n…

  3. 不動産投資

    仙台に来ました

    本日、仙台に来ております。…

  4. 不動産投資

    物件売却から規模拡大を目指す

    今のご時世、物件が高値でよく…

  5. 不動産投資

    【恐怖】不動産投資における家賃保証の危険性

    こんにちは、本田圭です。いやー、でましたね。この記事…

  6. 不動産投資

    高金利で融資を受けると、不動産投資は失敗します

    こんにちは、本田圭です。先日president onl…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 不動産投資

    なぜ、私は、株でもなく、FXでもなく、不動産投資なのか?
  2. 不動産投資

    【衝撃】区分所有の罠
  3. より良い人生を生きるためのマインドセット

    単純に、優先度の問題
  4. コラム

    不動産投資のみに経済的自由を懸ける危険性
  5. 不動産投資

    借り換えは慎重にしないといけない理由
PAGE TOP