不動産投資

減価償却をより大きくする裏技

こんにちは、本田圭です。

昨日は減価償却を大きくする方法についてお話ししましたが、
今回はその続きです。

結論から言うと、
「躯体部分と付帯設備(エレベーターとか)に分けて償却する!」
です。

付帯設備の耐用年数って何年だかご存じですか?
15年です。
15年の法定耐用年数を過ぎていれば、3年で償却可能なはずです。
RCなんかは耐用年数が47年ですから、
付帯設備に分けると、大分有効ですよね。

じゃあ、どのぐらいの割合で分ければいいの?ってことですが、
大体、20%ぐらいが妥当なところじゃないでしょうか。

それだけでも、
最初の3年間は大分減価償却が大きくなるので、
手残りが増えるはずです。

まあ4年目以降は、躯体部分のみの償却になってしまうので、
今度は減価償却が少なくなってしまいますが、
早期に規模拡大をしたい人は覚えておいても良い知識だと思います。
今度は四国のRCも挑戦してみようかなと考えております。
うまくいったらシェアしますね!

関連記事

  1. 不動産投資

    太陽光発電に対するスタンス

    こんにちは、本間けいです。太陽光発電、一時期はメチャ過熱した感じでし…

  2. 不動産投資

    メンターを考える

    なかなか物件を購入できない場合、一度メ…

  3. 不動産投資

    法人になる最適なタイミングは?

    こんにちは、本田圭です。様々な不動産投資の本を読んでますが、法人化…

  4. 不動産投資

    個人、法人の考え方

    私見ですが、不動産投資のやり方で、個人、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 不動産投資

    現地調査はいつすべきか?
  2. 考え方

    環境を変化させる前に考えなければならない事
  3. コラム

    自分のベーシックインカムを作るという発想
  4. 不動産投資

    フルローン、オーバーローンにはデメリットはあるのか?
  5. キャッシュフロー

    拡大に必要な物件売却と、僕の考え方
PAGE TOP