不動産投資

減価償却をより大きくする裏技

こんにちは、本田圭です。

昨日は減価償却を大きくする方法についてお話ししましたが、
今回はその続きです。

結論から言うと、
「躯体部分と付帯設備(エレベーターとか)に分けて償却する!」
です。

付帯設備の耐用年数って何年だかご存じですか?
15年です。
15年の法定耐用年数を過ぎていれば、3年で償却可能なはずです。
RCなんかは耐用年数が47年ですから、
付帯設備に分けると、大分有効ですよね。

じゃあ、どのぐらいの割合で分ければいいの?ってことですが、
大体、20%ぐらいが妥当なところじゃないでしょうか。

それだけでも、
最初の3年間は大分減価償却が大きくなるので、
手残りが増えるはずです。

まあ4年目以降は、躯体部分のみの償却になってしまうので、
今度は減価償却が少なくなってしまいますが、
早期に規模拡大をしたい人は覚えておいても良い知識だと思います。
今度は四国のRCも挑戦してみようかなと考えております。
うまくいったらシェアしますね!

関連記事

  1. 不動産投資

    本業と不動産投資の考え方

    こんにちは、本田です。みなさんと接していると、やはりリタイアするた…

  2. 不動産投資

    不動産投資の失敗は、再現性があるかないかで決まる!

    こんにちは、本間です。私、以前は東北に住んでいたので、朝はきつかっ…

  3. 不動産投資

    仕事を辞めるか、辞めないか

    昨日、スカイプ上で投資家仲間が集まるグルー…

  4. 不動産投資

    買っていけない物件は存在するのか?

    こんにちは、本田圭です。不動産投資に勉強熱心な方は沢山いらっしゃいま…

  5. 不動産投資

    投資規模拡大を目指す人が最初でつまずかないために。

    おはようございます!本田圭です。今日はこれから不動産投資を始める予定…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 時間をつくるために「最適化」しよう!
  2. 講談社、ポプラ社の方とお話ししてきました。
  3. 詐欺とか、そういうことについて僕が思うこと
  4. 不動産投資が最強の投資なのか?
  5. 不動産投資のみに経済的自由を懸ける危険性
  1. 考え方

    このままの生活が良いのか?今を変えたいのか?
  2. 不動産投資

    アパートローンとプロパーローン
  3. 不動産投資

    【衝撃】区分所有の罠
  4. 不動産投資

    次のリスクに備えよ
  5. コラム

    不動産投資のみに経済的自由を懸ける危険性
PAGE TOP