不動産投資

借り換えは慎重にしないといけない理由

錦織頑張れー!本田です。

最近は、業者さんの
「来年借り換えすればいいんですよ…!」
という言葉を鵜呑みにし、
4.5%の銀行で最初に融資を受けてしまう、という方が多いようです。

借り換えは、慎重に行ってください
というのが私の意見です。

銀行目線になってみると、
やはり他の金融機関に借り換えられるのは非常に打撃だということです。
せっかく時間を潰し審査を行ったのに、
「他の金融機関の方が条件がいいので、借り換えしますねー」
という一言だけでオサラバであれば、
心象はかなり悪くなる可能性があります。
つまりは、その金融機関の将来的な融資が臨めなく可能性があるのです。

数十万、数百万円のために、数億円の融資が受けられなくなる可能性があるのですから、
私は基本借り換えはやる予定はありません。
金利交渉は銀行担当者さんと話しながら、タイミングを伺います。
知り合いの投資家さんは、
なるべくその銀行との関係を良好に保つために、
金利交渉さえも一切やらない方もおります。

銀行によっては、
借り換えをされたら、その後の融資は一切行わない、
と決めているところもあります。

「銀行の目線で考えてみる」ことをせずに、
やみくもに借り換えをすると、
ご自身の将来的な資産規模を目減りさせてしまいます。
そのことに早めに気付ければリカバリーは可能です。

もし必要でしたらご相談にのりますので、いつでもご連絡くださいね。

関連記事

  1. 不動産投資

    アパートローンとプロパーローン

    こんにちは、本間です。…

  2. 不動産投資

    太陽光発電に対するスタンス

    こんにちは、本間けいです。太陽光発電、一時期はメチャ過熱した感じでし…

  3. 不動産投資

    持ち家か、賃貸か、どちらが不動産投資に有利?

    こんにちは、本間です。私はまだ自宅…

  4. 不動産投資

    6棟目契約終了しました。

    こんにちは、本田です。先日、6棟目の物件契約やってきました。170…

コメント

  1. でも、目先のキャッシュフロー改善に目がいってしまうのも事実です。バランスが難しいですね。

      • shishimaru
      • 2016年 9月 13日

      その通りですね。
      ご自身のステージに合わせて、今の自分にはキャッシュフローが必要なのか、それとも他のことなのか、ステージによって柔軟に方針を変更してもいいと私は考えています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 不動産投資

    医師が狙うべき物件価格帯は?
  2. 不動産投資

    私が調べた概要書をシェアする企画やります
  3. 不動産投資

    法定耐用年数超過の罠
  4. 不動産投資

    新築区分所有マンションが危険な理由
  5. 金利

    イールドギャップと不動産投資
PAGE TOP