医師と不動産投資

【医師の現実】自分の武器を作ろう!

こんにちは、本田圭です。

これからは個人の時代になると考えています。
これは、医療界にも言えることなのではないかと思っています。

もちろん医療はチームワークでやるべきですが、
私が言っている個人の時代というのは、そういうことではなくて、
誰でも自分独自の考えを持っていいし、
それを発信していいんだ、ってことです。

医師は、病院に閉じこもって、
研究、診療をしていればOK、それをしていれば賞賛される、
という旧時代的な考えはいずれ崩壊するでしょう。

医師の世界というのは、ものすごく狭いし、
その中でいくら尖っても、大多数の人には限界があるのは事実です。
中核病院の部長になって終了だろ?みたいな。

誤解して頂きたくないのは、
中核病院の部長に上り詰めるというのは、ものすごく大変だし、
素晴らしい技術と知識がある医師だからこそできるのです。

ただ、若手医師は、そこに閉塞感を感じています。
「どんどん拡張していく世界の最前線に立ちたい」
「新しいやり方を作っていきたい」
そういう熱い思いを持っている人がほとんどなのに、
数年もすればそれはしぼんでしまい、
当直や、日々の診療に疲れ果てた医師になってしまう。

中核病院の部長という、本来であればポジティブな目標であるべきポジションが、
今は妥協のためのポジションに変わりつつあるという事実が、その結果でしょう。

医師の世界に居続けると、成長意欲が失われていくのです。
これは、医療界に取って、プラスではないはず。

私は、医師の世界に居続けるのではなく、
外の世界に目を向け、握手してほしいと考えています。
絶対、その方がイノベーションが起こるから。
大きな化学反応を起こせると期待しています。

だから、ご自身の考えをもっと発信してほしいと思っています。
情報発信をすれば、他の世界の方があなたに気付いてくれるかもしれない可能性が
ぐっと高まります。

情報発信を持つ前にやっておくべきことは、
「武器を持つ」ということ。
あなたが何が得意なのか、他の医師と比較して何に秀でているのか。

ただ、単に日々の診療の雑感を発信していても、
意味がありません。
自分の武器が、どういう風に化学反応を起こせるのか、
常に考えながら、外の世界に向かうべきです。

何者でもない人に、人は惹かれません。
ただの医師であるということだけでは、
今の時代は戦えません。
「武器を持つ」言い換えれば、「実績作り」、
それがこれからの時代必要になります。

前から言っているのが
不動産投資をきっかけに色々な方向性が開けるってこと。
投資をすれば時間が生まれるし、その時間が自分の可能性を広げます。
「医師兼投資家」という武器だっていいし、
ベンチャーに投資する医師がいたっていいと思います。

是非、あなたも自分の武器を考えてみて下さい。

周りの世界にはさらに優秀な人がゴロゴロいるんです。

関連記事

  1. 不動産投資

    区分マンション投資で節税はできるのか?

    卓球の団体で愛ちゃんが負けて、意気消沈の本田です…。ちょっと心臓バク…

  2. 不動産投資

    フルローン、オーバーローンで借りるために必要な条件とは?

    こんにちは、本田です。今回のテーマですが、「フルローン、オーバーロ…

  3. 不動産投資

    【医師の現実】医師はリッチなのか?

    平成21年に実施された、医療…

  4. 不動産投資

    【医師の現実】なぜ不動産投資が医師に向いているのか?

    皆さんは、勤務医の慟哭を聞いたことがあるで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 不動産投資

    事故物件の告知義務は?心理的瑕疵物件への対応方法
  2. 不動産投資

    法人になる最適なタイミングは?
  3. 不動産投資

    【医師の現実】自身の生き方を決められないもどかしさ
  4. コラム

    生き方の種類について
  5. 不動産投資

    木造アパートはどういう人が購入すべきなのか?
PAGE TOP