不動産投資

借金は悪?破壊的借入のススメ

こんばんは、本田です。

随分ご無沙汰でした。
子供の世話でなかなか忙しい日々が続き、更新が滞っておりました。
毎日の夜3時,4時のミルクはなかなか厳しい…。

10月になり、落ち着いてきましたので、また更新をしていきます。

ブログを更新していなかったのですが、
色々と進めてはおりました。
不動産投資案件だけでなく、別の投資案件も同時進行中です。
その他にも面白い話が進みそうなので、本格的に行けるようでしたらシェアしますね。

で、今回の話ですが、
借金は悪なの?という話です。

借金という言葉自体、あまり使いたくはないのですが、
私の考えでは、
「金融機関が貸してくれるのであれば、どんどんお金を借りましょう!」
ということなんです。

借金って言っても、サラ金とか、ヤミ金とか、知人からお金借りるとか、
そういう悪い借金ではありません。
金融機関が融資してくれる、
資産性の高い、お金を生み出すようなものを買う借金であれば、
それは良い借金です。

借金っていう言葉で、いっしょくたにされてるから、
上記の理解が広まらないのかもしれませんね。

物件を持つと、貸借対照表、損益計算書を作ることになります。
わかりやすく言うと、資産と借金のバランスがまとまってあるものなんですけど、
大事なのは、これが、資産>借金になればいいということ。
当然なことですが、
買えば買うほど、資産も大きくなりますが、借金も大きくなるのです。
その上でいかに借金を早く減らすか、ということが大切になります。

例えば、金利交渉。
金利が数%変わるだけで、元本返済が圧倒的に早くなります。
毎年、物件価格は下落していきますが、
それより残債が減るスピードが速ければ、
毎年毎年どんどん資産が増えているのと同じことなのです。

すなわち、上記のように残債が減るスピードが速い物件を持てば持つほど、
加速度的に資産は増えていきます。

毎年総額5億円分物件を買っています、って言っても、
残債が減るスピードよりも、物件価格の下落が速い物件を持っていれば、
これは本末転倒なわけです。

だから、残債が減るスピードが速い物件をどんどん購入すれば、
それはリスクヘッジにもなるわけです。
1億円の物件を融資してもらって、
「うわー、1億円も借金しちゃった…。あとは怖いから買わないようにしよう」
っていう方がいますが、逆です。
その1棟を、他の物件で支える、っていう考えを持たないといけません。

ですから、金融機関が融資してくれるのであれば、
それはどんどん受けましょう。
金融機関だって、
「この人破綻しそうだな…」って人に融資するわけがありません。

もう一度整理します。
残債が減るスピードが高い物件を購入しましょう。
低金利で融資を受けられた物件、築年数が古くても収益性が高い物件など。
それを保有していれば、おのずと資産が大きくなっていきます。
その経営がまとまった貸借対照表、損益計算書を金融機関が見れば、
「もっと融資させて下さい」
って話になります。
そうしたら、恐れずにさらに物件を買い増しましょう。
大切なことは、高金利で物件を買ったり、収益性が低い物件を買わないこと。
資産<借金のバランスになると、金融機関が融資してくれなくなります。

私が所属しているコミニュティーで、
凄腕の不動産投資家兼会計士さんが、月末に決算書セミナーをしてくれるみたいなので、
今からワクワクしてます。
また明日ブログ更新します。(できるかな…涙)

関連記事

  1. 不動産投資

    収入の多角化が必要な時代

    こんにちは、本田です。私は、当初、収入の多角化を図りたくて、不動産…

  2. 不動産投資

    セミナーのご案内

    こんにちは、本田です。今回はセミナーのご案内ですね。こちらです。…

  3. 不動産投資

    フルローン、オーバーローンで借りるために必要な条件とは?

    こんにちは、本田です。今回のテーマですが、「フルローン、オーバーロ…

  4. キャッシュフロー

    拡大に必要な物件売却と、僕の考え方

    こんにちは、本間です。今回は、物件の売却につい…

  5. 不動産投資

    木造アパートはどういう人が購入すべきなのか?

    こんにちは、本田です。卓球の愛ちゃん、銅メダルおめでとう涙!頑張っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 不動産投資に対する準備

    釣りと不動産投資
  2. 2棟目

    リフォームを管理会社に任せる理由
  3. 不動産投資

    メンターを考える
  4. コラム

    すごい本を紹介します。
  5. 不動産投資

    減価償却をより大きくする裏技
PAGE TOP