不動産投資

不動産投資で大きく成功するために必要な「待つ」という行為

こんにちは、本田です。

なんか寝不足ですねー。
双子が夜通し「うー」と唸り声を上げているので、
可愛いんだけど、なかなか寝れません。
milk作りもめちゃ早くなりました。ニヤリ…。
日々、成長を見守れるのは、嬉しい限りです。

今回のテーマは「不動産投資で成功するために、効果的に待ちましょう」です。

どういうことかっていうと、
あんまり物件の高値掴みしないで、
買う物件がない時はしっかり準備だけしておこう、ってことです。

どういうことかご説明しましょう。

例えば、いつも私がこのブログで紹介している、
築30年の鉄骨にS銀行で30年ローンを組むという恐ろしい物件。

ものすごい長い耐用年数越えの融資を組むので、
信用棄損にもなるし、
元本返済がもの凄く遅くなるので、いざという時に売却しようとしても、
残債がほぼ減っておらず、
自分が買った時の価格から、下げて売ることができない。
(もし価格を下げるのであれば、それは損切りになりますね)
相場下落時には、必ず売れ残り物件になるでしょう。

そもそもほとんど耐用年数間近の物件なので、
修繕リスクは増大するし、家賃は下がるし、空室率は上がるし、
デッドクロスはあるし、悪いことだらけ。
(もちろん凄くキャッシュを生むのであれば話は別です)
築浅のリスクが少ない物件を長期保有するならまだしも、
リスクが高い物件を、そんなに長期で融資を受けて保有したくないよってことなんですね。

最近、こういう物件を購入している人が多いです。
今は気付かないんだけど、数年後に気付くという罠。

で、今回のテーマの「待つ」ということなんですが、
そういう人たちが必ず、投げ売り状態になる日が来るので、
それを狙いましょう!

S銀行ですが、去年から同じ物件の融資をしなくなったという話を聞きます。
つまりAさんがS銀行で融資をしてもらい、
数年後に売却しようとしても、
S銀行はもう他の方に融資しない可能性があるということなんです。
これは恐ろしい…。

S銀行のようにゆるく評価してくれるのであればいいのですが、

ほとんどの銀行はしっかりと評価するので、
仮にS銀行では1億の評価が出てたのに、
他の銀行では6千万円の評価とかはザラです。

だから、売却しようとしたら、他の銀行で融資がつくぐらいまで、
下げる可能性があるんですね。
上記の例で言えば6千万円ぐらいまで。
もしかしたら、もっと下がるかもしれない。
これはチャンスです。
不動産なんて、安く買えば負けないんですから。
こういった物件が出てきたら、すぐにゲットできる準備を整えておく。
現金しかり、銀行しかり。

つまりは、今高値掴みするぐらいなら、
しっかり待って数年後に攻めるってのもありってことです。
待つというのは、何にもしないわけではなく、
金融機関や業者さんの開拓、妥協できる物件の取得、売却など。
現金や信用を貯めて、勝負所で攻め込むわけですね。

一気に規模を大きく拡大するチャンスですので、
しっかり今のうちから準備をしておきましょう!

 

関連記事

  1. 不動産投資

    不動産投資における指標はどの程度知っておくべきか?

    おはようございます。本田圭です。不動産業者さんからのメールを見ている…

  2. 不動産投資

    不動産投資の不安を解消した方法4つ

    不動産投資は、投資をこれから…

  3. 不動産投資

    信頼できない業者さんと無理に付き合う必要はないですよ

    こんにちは、本田です。先日、業者さんとお話をしており、こんな話があ…

  4. 不動産投資

    既に不動産投資を始めている方へ

    もう既に物件を持っている方はいらっしゃると…

  5. 不動産投資

    買っていけない物件は存在するのか?

    こんにちは、本田圭です。不動産投資に勉強熱心な方は沢山いらっしゃいま…

  6. 不動産投資

    不動産投資のリスクのまとめ

    こんにちは、本田圭です。不動産投資をやるからには、リ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. キャッシュフロー

    キャッシュフローが出る物件を選ぶという意味
  2. 不動産投資

    なぜ不動産投資が有利なのか?
  3. 危険な購入の仕方

    減価償却と返済年数の関係
  4. 不動産投資

    不動産投資で、最初は新築をしない方がいい理由とは?
  5. 不動産投資

    返済比率を考える
PAGE TOP