医師と不動産投資

医師の方、MS法人って知っていますか?

まずは順位の確認をお願いします。

不動産投資 ブログランキングへ

こんにちは、本田です。

早速ですが、MS法人って知っていますか?
開業医の方とかだと、当たり前なんだと思いますが、
お恥ずかしいながら、私、知りませんでした…。

と言っても、特別な法人形態なわけではなく、
医療サービスを事業目的とする法人ですね。
実質は、株式会社や合同会社です。

で、これ開業医だけのものかと思ってたんですが、
勤務医でも可能です。

まじか…!

MS法人を立ち上げて、
勤務先から受け取る一部の報酬をMS法人が受け取ります。
そして、その収入を奥様に給与としてお支払いする。
そうすると所得分散になり節税できるし、
会社なので、経費化できるお金も増えます。
他にも色々節税できますよね。

まあ、医療行為は給与として受け取ることが決まっているはずですので、
これらをどう解消していくかですが、
抜け道はあるようです。

こんなの、大学病院で働いてたら、一生気付きませんでしたよ!

で、これ不動産投資に何が関係あるの?ていうと、
すでにMS法人を立ち上げてらっしゃる先生は、
このMS法人を活用して、不動産も買えるんじゃないの?って話です。
もちろん、事前に調査は必要。
資産管理法人って、不動産を持つことだけを仮定にした法人なので、
融資が下りるんですね。
定款に医療系の文言が加わった場合、銀行がどのように判断するのか、
それは言い方次第だと思います。
でも、もし上記がOKで、
すでに黒字の決算が何期か続いていれば、
融資にはプラスに働くかもしれないってことです。
それから、MS法人で不動産投資をする場合、
相続税対策もできます。

んー、知らなかった!
不勉強です、すみません。

ただ、この情報って知らない医師、絶対沢山いますよ。
何も知らない人だと
「法人作るなんて面倒くさいなー」
「なんか分かんないから、やめとこ」
みたいになります。
多忙な医師なんか特にそうでしょう。
でも、もし実践すれば、普通の本業だけで数十万円〜数百万円節税できる可能性もあります。

私はこの「MS法人」ってキーワードを知りませんでした。
今はインターネットがあるので、MS法人を調べればいくらでも情報が出てきます。
でも、インターネットで調べるには、その「キーワード」を知っていなければなりません。
検索窓に打ち込まなければならないんですから。

これからは、いかに効率良くキーワードを集めるか。
そこでしょう。

私がこのキーワードを知ったのは、人からです。
情報はやはりリアルなものに価値があります。
生きた情報を集めるべきです。

情報があれば、あとはそれを実行するだけ。

是非、積極的に情報が集まる場所に身を置いて頂ければと思います。

P.S.
先日の記事は読んで頂けましたでしょうか?
この本を買ってくれた方には、
無料コンサルしますので、こちらの記事をお読みください。

P.P.S.
AMEXプラチナを紹介します。
もし、今グリーンやゴールドで、早くアップグレードしたい方、
プラチナが欲しい方はご連絡ください。
(審査が必要なので、皆さんができるわけではないですが、なるべく頑張ります!)

 

物件詳細、手法などを知りたい場合はクリックして下さいね。

http://blog.with2.net/link.php?1848417

関連記事

  1. 不動産投資

    【医師の現実】なぜ不動産投資が医師に向いているのか?

    皆さんは、勤務医の慟哭を聞いたことがあるで…

  2. 医師と不動産投資

    【医師の現実】過重労働の果てに

    こんにちは、本田です。11月の日経メディカルを読まれた…

  3. 医師と不動産投資

    【医師の現実】給与が不動産投資に与える影響

    先日は、環境を変える前に考えておかなければならない事とし…

  4. 不動産投資

    フルローン、オーバーローンで借りるために必要な条件とは?

    こんにちは、本田です。今回のテーマですが、「フルローン、オーバーロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 突き抜けることが大切
  2. 他人を評価しすぎる自分にならない!
  3. 期待値を考える
  4. 嘘つきの見極めと指値の見極め
  5. トレードオフを理解する
  1. 不動産投資に対する準備

    釣りと不動産投資
  2. 考え方

    環境を変化させる前に考えなければならない事
  3. 将来の方向性

    コアバリューと不動産投資
  4. 不動産投資

    タダより高いものはない
  5. コラム

    このアイテム、使えるなあ…
PAGE TOP