医師と不動産投資

【医師の現実】過重労働の果てに

まずは順位の確認をお願いします。

不動産投資 ブログランキングへ

 

こんにちは、本田です。

11月の日経メディカルを読まれた方はいるでしょうか?
特集は「過重労働の果てに」

2016年の1月に、新潟の山中の公園で、37歳の女性医師が死亡しているのが発見されました。
遺書などは無く、警察は現場の状況から自殺と判断しました。

その女性医師は後期研修医の立場であり、
2015年4月以降、夜間や休日を含めて、
月平均の時間外労働時間は190時間を超えていたのこと。

更に、6月〜9月には連続して月200時間を超えた労働。
厚生労働省が「極度の長時間労働」としている「月160時間以上の時間外労働」は
9か月間で7回に達していたそうです。
2015年秋ごろから、「病院に行きたくない」と訴えており、精神的苦痛を感じていたようです。

他にも多くあります。

青森県八戸市の52歳医師が2010年、当直中に急死。医師は48時間連続勤務中でした。

弘前の28歳研修医が2010年に急性循環不全で死亡。月140時間以上の時間外労働をしていました。

同じ医師として、非常に痛ましいことです。
亡くなっていった医師達のことを考えていると、
本当にいたたまれない気持ちになります。

例えば夕方5時から夜12時まで7時間、時間外で働くとしましょう。
これが月曜から金曜で5日間。週に時間外が35時間ですね。
これが4週間なので140時間です。
土日にそれぞれ3時間ずつ働き、月24時間。
合計で164時間。
亡くなった女性医師はこれ以上の働き方をずっとしていた、ということです。
時間だけで考えればこんな感じですが、
恐らくこの中に当直も入っていました。
かなり時間の偏りがあり、眠れない日もあったはずです。

医師という仕事のストレスは半端ありません。
だって、自分のミスがその患者の健康に直結するのですから。
ミスは許されないのです。
普通の仕事のストレスとは質が異なります。

疲れた、休みたい。
でも自分が抱えている患者がいる。
自分が休めば他の人にしわ寄せがいく。
自分の代わりがいない。
休めない。

このループが続くのです。

本当に凄惨です。
誰かが守ってくれるか、というと、
実際は誰も守ってくれません。
みんな、自分のことで精一杯です。
自分の身は自分で守るしかないのです。

「眠れない自慢」とか、「これだけ仕事したよ自慢」とかがありますが、
医師の場合は本当に冗談にならないんです。

先日、電通の事件もありました。
やはり今の仕事のスタイルは、絶対おかしいはずなんですよ。

でも、おかしくても、仕事をやり続けなければならないジレンマ。
もう、これは個人のレベルでは、変えることは不可能です。

私は以前から、この働き方に疑問を持っています。
医師が犠牲になって成り立つ医療は、本質的な物ではないと考えています。
一度ガラガラポンしなければ変わらないのかもしれません。

私は、医師の生活をもっと楽にできないかと考えて、不動産投資を始めました。
将来的にはさらに投資の分野は広げるつもりです。
別に投資じゃなくてもいいんです。ビジネスでもいい。
今の働き方を変えるために、一歩別の世界に踏み込むべきです。
自分を守れるのは、自分しかいません。
もし、今の働き方に危惧感を覚えているのであれば、行動すべきです。
不思議なもので、仕事量が変わらなくても、
別に熱中できるものが見つかると、仕事があまり苦痛じゃなくなるんですよね。

可能性を広げる努力をしましょう。
不動産投資であれば、私がお手伝いします。
自分の人生を変えるのは自分自身しかいません。

すぐ隣の人を気遣える、優しい人になりたいと思った今日この頃です。

PS
メルマガで、概要書すり合わせ企画を始めます。
興味ある方はメルマガ参加してください。

 

 

物件詳細、手法などを知りたい場合はクリックして下さいね。

http://blog.with2.net/link.php?1848417

関連記事

  1. 不動産投資

    【医師の現実】医師はリッチなのか?

    平成21年に実施された、医療…

  2. 不動産投資

    アパートローンとプロパーローン

    こんにちは、本田圭です。属…

  3. 不動産投資

    医師が狙うべき物件価格帯は?

    本田圭です。不動産投資はライバルが多数お…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 突き抜けることが大切
  2. 他人を評価しすぎる自分にならない!
  3. 期待値を考える
  4. 嘘つきの見極めと指値の見極め
  5. トレードオフを理解する
  1. 考え方

    不動産投資の基礎を学ぶために最も大切なポイント
  2. 将来の方向性

    コアバリューと不動産投資
  3. コラム

    【医師の現実】医師の将来像を考える
  4. 不動産投資

    都市と地方、どっちを狙う?
  5. コラム

    レバレッジ不動産投資
PAGE TOP