不動産投資

投資をトータルで考えよう!

こんにちは、本田です。

週末はセミナーがありました。
沢山の方にお会いして、色々お話しが出来て、大変楽しかったです!
セミナーに参加して頂いた方、ありがとうございました!

来月、私のこれまでの歩みを包み隠さずお話しするセミナーも予定しております!

で、今回のテーマですが、投資をトータルで考えよう!というもの。

話していて、やはり多いのが、
「木造アパートを数棟買ったのですが、それ以上の融資を銀行がしてくれない。」
とか、
「戸建て、鉄骨、木造を買ってますが、規模拡大がなかなかできない。」
といった、途中で融資が止まってしまうパターン。

個人所有、法人所有といった問題ももちろんありますが、
銀行さん側からすると、
「そういった物件を売却してくれれば、融資出せるんだけどなー。」
というのが本音でしょう。

そういった物件ってどういう物件っていうと、やはり債務超過の物件。
金利が高い融資を引いてしまっている物件だとか、
耐用年数以上の融資を受けてしまっている物件だとか、
要するに銀行の評価以下の物件ですね。

拡大したいなーと考えている方に言いたいのは、
「購入する順番を考えよ!」
ということです。

別に木造を絶対買うな!って言ってるわけじゃないんです。
ただ、大概の木造とか鉄骨は信用毀損になるので、
最初にそういうのを買っちゃうと、融資が続かなくなっちゃうよ!
ってことなんです。
まずは、資産超過になるような物件を買い増して、
その上で、欲しければ木造買えばいいじゃないかって話なんです。
そうすれば、信用毀損しても、多少のマイナスであれば、
これまで積み上げてきた資産超過があるから、あまり痛くない。
銀行も目くじらを立てないですよね。

最初に新築木造を建てる場合だって同じ。
「新築で満室だから、キャッシュも入ってくる!」
と、今の時点では満足かもしれませんが、
よーし、じゃあ拡大するぞ!と思ったが、
銀行がこれ以上融資してくれない、って話はよく聞く話です。

もし、ドンドン拡大したい、という方は、
やはりもっと銀行評価が出る物件を、先に買わなきゃいけないんです。

常にトータルで、プラスになるような買い方をするべきなのです。
プラスであるうちは、やりやすい。
舗装された道路を歩いているようなものです。
最初からマイナスになると、それをプラスにするのは大変です。
脇道にそれて、底が深い沼に入り込むようなもの。
そういった場合は、とりあえず沼から抜け出す作戦を考えなければなりません。
でも、みなさん、沼にズボズボはまりながら、
どうやったらその状態で、早く目的地に到達できるかを考えています。
(どう考えたって、早く沼から道路に出ることを考えた方が近道なのに!)

うーん、我ながら良い例のような気がする。笑

買ってからでは、なかなかリカバリーに時間がかかる場合もあります。
色々な方向からしっかり勉強を進めましょうね。

関連記事

  1. 不動産投資

    なぜ不動産投資が有利なのか?

    こんにちは、本田です。このブログでも「不動産投資がなぜ有利なのか」と…

  2. 不動産投資

    投資効率を考えることが、規模拡大の近道になる理由

    おはようございます。本田圭です。ROIと…

  3. 不動産投資

    セミナー終了しました。

    こんにちは、本田です。昨日は私がセミナーをさせていただきました。1…

  4. 不動産投資

    投資規模を拡大するために大切な考え方

    こんにちは、本田圭です。最近ちょっと不動産投資の拡大をお休みしていた…

  5. 不動産投資

    属性って何なの?

    こんばんは、本田です。突然ですが、ダイエットに励んでいます。普通に…

  6. 不動産投資

    不動産投資における目標を決める大切さ

    こんにちは、本田です。skypeなどで連日ご相談を受けております。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 初心者のための不動産投資

    新築区分マンションは辞めた方が良い
  2. 不動産投資

    持ち家か、賃貸か、どちらが不動産投資に有利?
  3. コラム

    熱海に行ってきます
  4. より良い人生を生きるためのマインドセット

    投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  5. 不動産投資

    法人になるべきタイミングは?
PAGE TOP