不動産投資

セミナー終了しました。

こんにちは、本田です。

昨日は私がセミナーをさせていただきました。
100人弱にご参集頂きました。
ご来場いただいた方、誠にありがとうございました。

ちなみに写真はこんな感じです。
15390929_1189053674510032_4907546177400251944_n

皆さまのエネルギーが大変強く、私も刺激を受けました!
本当にありがとうございました!

で、その資料の一枚をシェアしたいと思います。

基本的に金融機関に対しては、私は下記の考えで臨んでいます。

%e2%96%aa%ef%b8%8f%e4%ba%8b%e4%be%8b%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e6%9c%ac%e7%94%b0%e5%9c%ad%e6%9c%80%e7%b5%82%e7%89%88

Skype相談を受けていると、上記の原則がわかっていない方が多くいらっしゃいます。
(基本、同一法人で拡大すると仮定の話です。)

1棟目から、債務超過の物件を購入した場合、
キャッシュフローが出たとしても、泥沼ゾーンに突入します。
泥沼が浅いうちは、
まだ自分の信用で買い進められます。
しかし、さらに債務超過の物件を買い進めていくと、
どんどん泥沼の深いゾーンに沈んでいきます。
そうすると、
どこかで頭打ちになり、それ以上買い進められなくなります。
深い泥沼から浮上するのは、かなり困難ですね。

例えば、新築はだいたい債務超過なので、
新築木造、新築区分などを買い進めていくと、
泥沼深くに沈んでいき、
どこかで頭打ちになる可能性が高いということです。
手っ取り早く浮上するには、債務超過の物件を手放すことです。

買うなら、ある程度資産超過になって、
舗装道路上にいる時に買えばいいと思うんですね。
舗装道路にいれば、規模拡大は非常にやりやすいので、
常にそのことを意識するべきだと思います。

特にこれから不動産投資を開始しようという方は
上記のことを頭において、
どのようなやり方をすれば上手くいくのか、
戦略を立てるべきです。

考え方をなるべくシンプルにしていった方が、
規模拡大は早いのかな、と私は考えております。
もちろん、規模拡大だけが全てではないですし、
なるべく返済比率を減らす努力もした方がいいです。

私も、皆さまに負けないように頑張りたいと思います!

関連記事

  1. 不動産投資

    物件売却から規模拡大を目指す

    今のご時世、物件が高値でよく…

  2. 不動産投資

    購入しても良い物件の基準の決め方

    こんにちは、本田です。今日は妻の1か月検診の日でした。予約が10時…

  3. 不動産投資

    不動産投資のリスクのまとめ

    こんにちは、本田圭です。不動産投資をやるからには、リ…

  4. 不動産投資

    現地調査はいつすべきか?

    こんにちは、本田です。次の物件の調査のために、今週末に北陸に向かうこ…

  5. 不動産投資

    不動産投資におけるアクセルのかけ方

    こんにちは、本田圭です。不動産投資が成功する人は必ず、…

  6. 不動産投資

    借り換えは慎重にしないといけない理由

    錦織頑張れー!本田です。最近は、業者さんの「来年借り換えすればいい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 7棟目

    7棟目
  2. 不動産投資

    メンターを考える
  3. 不動産投資

    【緊急】自己破産する医師が増加
  4. 考え方

    好奇心の格差が人生の格差になる!
  5. 不動産投資

    人口減少しても、賃貸需要が増えるわけとは?
PAGE TOP