不動産投資

返済比率を考える

こんにちは、本田です。

昨日は例のホワイトボードを使いながら、
長男の週間計画を立てていました。
巧緻性を高めるためにモンテッソーリ系列の塾に入れるか、
体操系を取り入れるか、
英語の塾は今のペースで良いのか…、など。

何も考えないと、子供はあっという間に大きくなるので、
早め早めに手を打たないといけませんね。

ということで、今回は返済比率についてです。

私は返済比率は可能であれば30%台に抑えたいと思いながら、いつも行動しています。
基本、不動産投資で大切な要素に「キャッシュフロー」がありますが、
いかにしてこの手残りを多くするのかが、
不動産投資のリスクを軽減する上で重要になります。

物件を所有する際に、不可欠な出費として、
管理費や修繕費などの運営コストがあります。
大体、家賃収入の30%ですね。
これは変わらないと思っていた方がいいです。
で、銀行への返済比率が40%だとすると、
キャッシュフローは残り30%になります。

このキャッシュフローが、リスクを許容する上で、非常に重要なファクターです。
仮に、返済比率が70%だとしましょう。
そしたら、キャッシュフローは0です。
突発的な何かが起こったとしても、
そのリスクに対応できません。
家賃も下げられないし、修繕もできない。
そうすると空室が多くなり、負のスパイラルに突入するのです。

返済比率は購入前にわかります。
いかにしてこの返済比率を下げるのか、という部分が
将来の破綻リスクを0近くまで導く考えに必要なんです。

じゃあ、返済比率が6割の物件を購入している人が
ダメな投資家なのか、と言われると、全くそんなことはありません。
むしろ、返済比率を意図的に上げている方もいます。

例えば、もう他の物件ですでに潤沢なキャッシュフローが出ており、
そこまでキャッシュフローは必要ない、というような、
ステージが上の方なんかは、
むしろ物件の残債が早く減った方がいいですよね。
それで、意図的に融資年数を短くしたりして、
返済比率を高めたりもします。
もしくは、再生物件なんかも返済比率は上がりますからね。

その人のステージによって、返済比率の考え方は変わります。
でも、これから投資を始める方は、できる限り返済比率を下げて、
手残りを多くした方が良いですよ。

今のご自身の返済比率がどの程度なのか、把握しておくといいかもしれません。

 

関連記事

  1. 不動産投資

    タダより高いものはない

    こんにちは、本田です。最近、理不尽すぎる理由で1案件ポシャッて、1日…

  2. 不動産投資

    概要書は他人任せにせず、しっかり見た方が良い理由

    今までダメだった物件を紹介し、自身の反省と…

  3. 不動産投資

    都市と地方、どっちを狙う?

    こんにちは、本田です。よく都市と地方、どっちを狙う、という議論が起き…

  4. 不動産投資

    夢のある投資法

    不動産投資って、夢がある投資…

  5. 不動産投資

    新築区分所有マンションが危険な理由

    こんにちは、本田圭です。前回に引き続き、区分所有の罠についてお伝えし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 危険な購入の仕方

    危険すぎる不動産の買い方
  2. 不動産投資

    セミナー終了しました。
  3. コラム

    オーストラリアに行った時の感想をシェア
  4. 不動産投資

    キャッシュフロー確保後の戦略
  5. 医師と不動産投資

    医師の方、MS法人って知っていますか?
PAGE TOP