考え方

amazonレビューって危ういですよね

こんにちは、本田です。

仕事柄、沢山の方にお会いしますが、
やはりクレーマーというのは避けては通れないです。

医師の方はお分かりかもしれませんが、
「こんな不条理な発言を、この世界に本当に口にする人がいるんだ!」
的な驚きのとんがりクレームを言う方もチラホラおります。
発言された身としては、時々手がワナワナしますが…。

まだまだ私も社会に出て日は浅いですが、
それでも以前に比べて、多くなったなーという印象はありますね。

それと似ているかもしれないんですが、
先日amazonレビューを見ていて思ったのが、まさに上記の印象。
「酷いな、これ」と思われる罵詈雑言や、
自分の価値観に合わないからという理由だけで
星1個というものが数多く見られます。

不動産投資本なんかは、私はよくamazonで購入させて頂きますが、
「この本結構いいなー」なんて私が思っても、
他の人のコメントには、
「現実味がない」とか「初心者向きじゃない」とかいう理由で星1つ。
いやいや、現実として成功しているから本書いてるのに、現実味がないって…?
ターゲットを中級者以上向けに書いてある本を取って、これは初心者向けじゃないって…?

で、その人の他のレビュー内容を見てみると、
日本酒だけ何個もレビューし、
なぜか、その本一冊だけちょろっとレビューしてたり(笑)。

まあ、何が言いたいかと申しますと、
その価値が分かっていない人の感想を真に受けて、
自分の方向性を決める必要はないんだよ、ということなんです。

不動産投資だってそうです。
周りの人に「不動産投資始めたいんだけど…」と言えば、
必ずといっていいほど、反対されるでしょう。
でも、その反対する人は、不動産投資の価値が分かっていません。
人間というのは、自分が分からない事に対しては、不安を感じる生き物ですから、
反対をするのは至極当然なんです。
その人の発言を真に受けて、自分の人生を変える必要はないのです。

amazonレビューを見て、
「うわ、この本評価低いな。買わないでおこ。」
的な発想は、
大切な自分の人生の舵取りを、
顔も分からない、自分より知識が乏しい誰かに委ねるような、
そんな残念な感覚を感じてしまうんですね。(ちょっとオーバーでしょうか…)

大体、そのレビューこそが世間一般が持っているマジョリティの感覚なので、
同じような考えを持つというのは、投資家マインドとしては、
やや危ないですよね。
基本マジョリティの逆を行く考えでないと、投資は成功しませんから。

「誰か有名な人がこういう風に言ったから」
「みんなこう評価しているから」
「クレーマーがこう言ってきて、イライラする」
とか、他人が主体になって、自分が受け身になるような、
そんなブレた人生はやめにした方がいいんです。
自分の考えを持ってれば、
他人の評価とか、そんなの気にならなくなるはずですから。

他人の考えを、うまく自分のフィルターを通して考えられるようになれると、
よりスムーズに勉強ができるのではないか、といつも私は意識しています。

と言いつつ、今日もamazonレビューを見ている私…笑

関連記事

  1. 考え方

    選択と集中

    選択すること、集中することは大切です。っ…

  2. 考え方

    説得力を上げる3つの秘訣

    前回に引き続き、話し方につい…

  3. 不動産投資

    タダより高いものはない

    こんにちは、本田です。最近、理不尽すぎる理由で1案件ポシャッて、1日…

  4. 考え方

    不動産投資の基礎を学ぶために最も大切なポイント

    こんにちは、子供がイヤイヤ期に突入、疲弊気味の本田圭です…

  5. 考え方

    不動産投資の成功の秘訣は、「神は細部に宿る」という考え

    学会が横浜でありました。なので、ちょっと…

  6. 不動産投資

    不動産投資における目標を決める大切さ

    こんにちは、本田です。skypeなどで連日ご相談を受けております。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 不動産投資

    規模拡大においてブレーキになる、木造アパートの投資
  2. 考え方

    選択と集中
  3. 不動産投資

    資産価値とキャッシュフロー。見えない貯金の考え方
  4. 医師と不動産投資

    不動産投資で得られる個人的な7つのメリット
  5. キャッシュフロー

    キャッシュフロー第一主義
PAGE TOP