不動産投資

属性にあぐらをかかない方が良い理由

こんにちは、本田です。

skype相談とかで、色々なご相談を受けます。

「借地権とかってどうですか?」
「再建築不可物件ってどうですか?」

確かにそう言った物件は、一見すると利回りがよく、
うまく回せばすごく美味しいのではないか、と感じるのですが、
やはりそこにはデメリットもあります。
いつも言っている信用毀損ですよね。

借地権も再建築不可物件も、金融機関から見るとマイナスです。
これから規模拡大をしようという方には、障害に成り得る物件です。
(もちろん条件次第では検討しても良いのですが…)

でも属性が高いと、上記の物件でも融資受けられちゃったりするんですよ。
属性が普通の方はここでフィルターがかかるので、
「うーん、今回の物件は、融資は難しいですね」
とか言われて流れるのですが、
属性が高いと、その安全装置が効きません。
「これ融資してもらいたいんですけど」
と銀行さんに投げると、
「はい。
(この人年収も高いし、物件がやばくなってもなんとか自己資金から補填できるだろう…)
融資やらせていただきます!」
となる可能性が高いのです。

特に最初に不動産投資を始める方は、利回りにしか目がいかないので、
情報を集めようとしない、忙しい医師とかは、
融資がつけばすぐに借地権だろうが、再建築不可だろうが、
購入してしまうのです。
私の知人にもプランなしに借地権をやった方がいますよ。
危ないですねー。

だからこそ、
属性が高い人ほど、
しっかりシミュレーションして、
CFがどの程度出るか、
そのエリアの賃貸需要はどうか、駐車場は必要なのかどうか、
修繕はどうなりそうか、ランニングコストはどうか、
固定資産税実費はどの程度か、積算価格はどうか、
家賃設定は適切か、空室率を下げるためのリフォームプランはどうするか、
諸々、しっかり考えなければなりません。

全国地価マップで路線価を確認さえしない人もいるようですから…。

属性が高いからこそ、しっかり吟味して購入する必要があるんです!
もちろん、担保評価が出て収益性がある物件ですよ。
そして、常に資産超過の状態でいることを心がけることは重要ですね。

関連記事

  1. 不動産投資

    【恐怖】不動産投資における家賃保証の危険性

    こんにちは、本田圭です。いやー、でましたね。この記事…

  2. 不動産投資

    指値の通し方の秘訣

    こんにちは、本田圭です。物件の購入価格を、いわゆる値切…

  3. 不動産投資

    物件を買えない理由

    私は、1年半ぐらい物件を購入できない日々が…

  4. 不動産投資

    不動産投資の不安を解消した方法4つ

    不動産投資は、投資をこれから…

  5. 不動産投資

    節税のために車を購入する理由

    連日、オリンピックの中継で目頭が熱くなっている本田です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 不動産投資

    「年齢別」狙うべき不動産
  2. 考え方

    不動産投資を面白がる
  3. 消費税還付

    消費税還付について
  4. コラム

    自分のベーシックインカムを作るという発想
  5. キャッシュフロー

    キャッシュフローが出る物件を選ぶという意味
PAGE TOP