不動産投資

中小企業倒産防止共済の活用

こんにちは、本田です。

仕事帰宅後も3人の子供の世話で夜中までほぼ休みなしの状態が続いています。
まあ、夜中もミルクで起こされるのですが、、、。

子供の世話をやってみると分かりますが、
かなりきついですね、、
こう言っちゃ、ちょっと疑われるかもしれませんが、
仕事が、「リフレッシュの場」という感じでもあります。
(もちろんしっかり仕事してますよ!)

妻は、ずっと家にこもって子供の世話をしてくれており、
なかなか気晴らしもできません。
ほんとに妻には頭が上がりませんね。
かと言って、私もやることが沢山あるので、
何を削ろうか、と常に頭を抱えている状態です。

で、今回は「中小企業倒産防止共済」についてです。
これは文字通り、中小企業が倒産するのを防ぐ共済制度です。
月々5000円〜20万円まで掛け金をかけれ、
総額800万円まで積み立てられます。
しかもこれは全額損金扱いにできる!
さらに40ヶ月を過ぎると、100%戻ってきます。
つまりは、800万円分を経費化できて最後に戻ってくるという、お得な制度。

月20万円だとすると、1年で240万円は損金にできる。
結構大きいですよね。

MAX800万円になったら解約して800万円GET。
(800万円をプールして解約時期を延ばすことも可能)
まあ、その800万円は益金になるので、税金がかかっちゃうのですが、
うまく何かと相殺できればいいですよね。
解約後も、また再度加入できますし。

これこそ、「THE節税」という感じでしょうか。

利益が出すぎるようであれば、上記はやったほうがいいでしょう。
ただ、やはり投資家は、決算書を意識しなければなりません。
もし、上記をすることで赤字になるぐらいなら、
しない方がいいのではないか、というのが私の考えです。
もちろん銀行の担当者にこういう理由で黒字にならなかったんですよ、
と説明して、相手が受け入れてくれれば良いですが。
決算書の黒字化は、節税するより大切なこと、と認識しましょう!

まあ私も「税金納めたくないなー」という心の声が、
油断していると大きくなりますが。
とにかく税金を払って決算書をよくする。
それが不動産投資の規模を拡大する第一歩かなと思います。

 

関連記事

  1. 不動産投資

    物件探しは妥協のバランスが決め手!

    桃が大好きな本田です。物件探しっていうのは、大変です。何年も探して…

  2. 不動産投資

    融資は不動産投資になくてはならないもの。都市銀行の特徴について挙げてみた。

    こんにちは、本田圭です。もうお分かりだとは思いますが、…

  3. 不動産投資

    繰り上げ返済はした方が良いのか?

    時々、不動産投資をやってい…

  4. キャッシュフロー

    拡大に必要な物件売却と、僕の考え方

    こんにちは、本間です。今回は、物件の売却につい…

  5. 不動産投資

    返済比率を考える

    こんにちは、本田です。昨日は例のホワイトボードを使いながら、長男の…

  6. 不動産投資

    【緊急】自己破産する医師が増加

    こんにちは、本田です。ちょっと衝撃的なタイトルですが、そうなんです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 不動産投資

    無料skypeのご案内
  2. 金融機関

    銀行の融資対象エリアという考え方
  3. 物件を買えない時のマインドセット

    期待値を考える
  4. 不動産投資

    メンターを考える
  5. 不動産投資

    区分マンション投資で節税はできるのか?
PAGE TOP