不動産投資

不動産投資の失敗は、再現性があるかないかで決まる!

こんにちは、本間です。

私、以前は東北に住んでいたので、
朝はきつかったんですよ。
朝起きれば、
車が雪で埋まってたり、
やたら風が冷たかったり、
家の床はキンキンだったり。

今は、東京にいるのですが、
朝がとても爽やかで驚いています。
近くに公園がある、というのもあるのですが、
かなりの確率で晴れじゃありません?
日本海側の朝を知っている身としては、びっくりですね。

朝の爽やかな風を浴びると、
あー、仕事行かずに散歩したい!運動したい!
もっと自由を謳歌したい!と思うのは私だけでしょうか。

実は先日も何件か打ち合わせをしてきたのですが、
ご自身が好きな仕事を自由にされている方は、とてもパワーがあり、
生き生きしてますね。
そういう方とお話ししていると、私の中で色々な感情が蠢きます。
歯がゆい気持ちだったり、ポジティブな感情だったり、
羨望や焦燥や、自身が希望する未来に対する思い、などなど。

情動を揺さぶられるんですよね。
実は、そういう感情をお持ちの方、医師の中には結構多いのではないかと考えています。
でも、その情動を持つ時って、人生が大きく変わるチャンスなんですよ。

私自身、人生が大きく変わった時って、
シンプルな感情だけではなく、

清濁併せ持った変な気分の時が、多かったですね。

ポジティブな感情だけではなく、
「このまま進んで本当に大丈夫か?」
「もしかしたら、これまでの方が幸せだったんじゃないか?」
「本当に自分は成功できるのだろうか?」
といった気持ちが実際ありました。

で、普通の人は、自分の感情を信じて、
そこで行動を止めてしまいます。
それ以上進まないので、
本当にその行動が正しかったのかどうか、というのは
分からないまま人生が過ぎていくわけです。
その時にタイミングよく起こった良いことを挙げて、
「やっぱりやらなかった方が成功だったよ」と、
自分に言い訳したり、言い聞かせしたりします。

でも、実はごちゃ混ぜになった感情の先に、
自分を大きく変える機会が存在する、というのは、
私の経験上ですが、大いにあり得ます。

私が1棟目を購入しようとした時もそうでした。
飛行機で現地調査に行く時に、
とても嫌な、焦燥感や、孤独感や、
取り返しがつかないことをしているような感覚が入り混じったような気分を感じました。
「不動産投資なんてやらなくていいじゃん」みたいな気持ち。

でも、客観的に自分とその時の状況を見て、改めて自分を整え直して、
なんとか購入に漕ぎつけました。
結果としては、プロフィールに書いた通り。1年で大きく規模を拡大できたのです。

皆さんも同じはず。
自分が知らない領域に踏み込む時は、とても嫌な気分になるものです。
でも、大切なことは、
その時に寄りかかれる、知識、理論を持ち合わせているか?
ということです。

不動産投資を始めようとしている方なんかは特にそうではないでしょうか?
我流でいける人は、本当に強い人だな、と私はマジで尊敬します。
だって数億の物件を買うわけですよ?
フィーリングだけでは、普通の人には手が出せない分野のはずです。

実際フィーリングだけで行く人は失敗しますよ笑
物件買うこと、規模拡大だけに快感を覚えちゃってる人もダメですね。

逆に、しっかりした基準をお持ちの方が不動産投資で失敗したのって、
見たことがありません。

要は、
「未知の領域に踏み込む時は、誰だって不安になるのだから、
そこに寄りかかれる知識や理論が必要である。
不動産投資を行う上では、
自分の基準を持つ必要性があり、
その基準があることで、精神衛生は保たれる。」
ということなのです。
そして、その基準というのは、
「再現性」がなくてはなりません。
再現性があるからこそ、不動産投資の失敗は無くなるし、
投資スピードも早くなるのです。

だから、もしあなたが不動産投資を始めたいということなのであれば、
まずは「再現性がある」手法を確立すべきです。
不動産投資に今一歩踏み切れない、という方は、
やはりその手法が欠けています。

その手法があなたの軸になるので、
守破離で言えば、守ですね。

業者さんの言いなりになるのではなく、
自分が主導する感覚で不動産投資を進めていけば、より成功に近づくのではないでしょうか。
私も頑張りますよ!

関連記事

  1. 不動産投資

    信頼できない業者さんと無理に付き合う必要はないですよ

    こんにちは、本田です。先日、業者さんとお話をしており、こんな話があ…

  2. 不動産投資

    【恐怖】不動産投資における家賃保証の危険性

    こんにちは、本田圭です。いやー、でましたね。この記事…

  3. キャッシュフロー

    拡大に必要な物件売却と、僕の考え方

    こんにちは、本間です。今回は、物件の売却につい…

  4. 不動産投資

    法定耐用年数超過の罠

    こんにちは、本田圭です。前回の記事で、一部の地銀を使用…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 不動産投資

    都市銀行担当者さんとの会話
  2. 不動産投資

    投資規模を拡大するために大切な考え方
  3. マーケティング

    3C分析と不動産投資
  4. 不動産投資

    海外不動産は本当にいいのか?
  5. 不動産投資

    不動産投資における目標を決める大切さ
PAGE TOP