不動産投資

都市銀行担当者さんとの会話

こんにちは、本間です。

先日、都市銀行担当者さんとお話ししました。

お話しといっても、
今度新規物件を購入する際の口座作りを、
「早めにお願いします!」
という名目であちらからコンタクトがあったんです。

いやいや、口座作りといっても、別に金消の時でいいじゃん、と思ったのですが、
恐らく、あちらとしては何か頼みごとがあるのだろう、と思い、
銀行に伺わせて頂きました。

担当の方は若くてやる気のある担当者さんです。
私もこの機会にしっかりアピールをしておきたいと思っていたのですが、、、

最後に恐れていたことが、やはりきました。

「すみません、、、。これ協力してもらえないでしょうか?」

といって、月末まで限定のキャンペーンのチラシを見せてきました。

なんと、年利0.1%の金融商品です。

「ワオ!」

と声を出しそうになりましたが、
やはりあちらの顔も立てなくてはなりません。
以前から私が言っているgiveの精神です。

普通の方は
「いやー、無理無理!もっといいやつ持ってきてよ」
と高圧的な態度を取るのでしょうが、
私は違います。

むしろ、そこで「協力」体制を整えることで、
Win-Winの関係を目指すことにしました。

ということで、
色々話しあい、1000万円の金融商品を協力してあげて、相手の顔を立てた上で、
実質ほぼ1000万円がすぐにバックされる段取りを整えることができました。

これって、かなり強力じゃありません?
なかなか1000万円の金融商品買ってくれる人いませんよ?
担当者さんは、「あー良かった!上の人に報告できるぞ!本間さんありがたい!」
と思ってくれたはず。
そして、私は全く損なく、相手に強力な恩を売ることができました。

今後、融資にうまく働いてくれるといいんですが、、、。
そこの都市銀行さんからは、色々融資情報は聞き出しましたが、
一つシェアさせてもらうと、
担当者さん曰く「去年はジャブジャブ融資が出すぎていたが、
まあ普通な感じになっただけ。特に厳しくなったとかはありません。」
ということ。

結構、いろんな業者さんや投資家さんが煽ってきますよね。
「今買わないと、買えなくなる!」って。
まあ、全体的に融資が絞り気味なのは確かなのですが、
煽りに負けて、へぼい物件を買ったら、それはそれで本当の負けなので、
自分でしっかり吟味しながら買うべきです。

そして、常に融資が出やすい状況を自分で作っておくことが、

何よりも大切ですね。
買えている人は常に準備しているので。
(これは絶対ですね。)

関連記事

  1. 不動産投資

    不動産投資で規模拡大をするためには、自分のブレない基準を持つことが大切です

    こんにちは、本田です。昨日の記事でもお話したキャッシュフロー、そし…

  2. 不動産投資

    返済比率を考える

    こんにちは、本田です。昨日は例のホワイトボードを使いながら、長男の…

  3. 不動産投資

    医師が狙うべき物件価格帯は?

    本田圭です。不動産投資はライバルが多数お…

  4. 不動産投資

    どこまで拡大したい?

    今は家賃収入1.3億です。…

  5. 不動産投資

    事故物件の告知義務は?心理的瑕疵物件への対応方法

    こんにちは、本田です。物件をいざ調査すると、色々な問題が出てきます…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 生き方の種類について
  2. 投資において成功するために必要な「余白」の考え方
  3. 投資は不動産投資だけに非ず
  4. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  5. 相手にfocusする
  1. 不動産投資

    気をつけて!大家さんにはならないで!
  2. 不動産投資

    6棟目契約終了しました。
  3. コラム

    困難を克服する4つの方法
  4. 不動産投資

    私が調べた概要書をシェアする企画やります
  5. キャッシュフロー

    キャッシュフローが出る物件を選ぶという意味
PAGE TOP