情報に対するマインドセット

情報を溜め込むな

こんにちは、本間です。

遂に!

毎回、おたまじゃくしのことを書いていたから!

なんと!

「おたまじゃくし 不動産投資」

でググると、TOPにこのブログが躍り出るようになりました!

狙い通りです!
みなさん本当にありがとうございます!

「おたまじゃくし大家」を拝名させて頂きます!これは譲らないよ!

。。。

さて、今回ですが、
情報を溜め込まない方がいいということについてです。
昨日の記事にも繋がるのですが、情報の取り扱い方についてですね。

まずは、このブログ記事をお読み下さい。

https://ameblo.jp/sccrarara/entry-12154007260.html

本質を突いた記事だと私は思います。

物を溜め込む日本人。
これは日本人の特性、DNAに刻み込まれた性質なのかもしれません。

こういうのを見ると、医学部時代を思い出すんですよ。
にが〜い思い出。

テスト前ですよね。
「過去問」という情報に踊らされる医学生。
基本、去年とか一昨年ぐらいの過去問だけを中心に勉強すればまあ大丈夫なんですが、
学年の中には、情報をトコトン集めないと気がすまない人が若干います。

縦関係が強い部活に入っている子とかは、6-7年前の、先代の教授の時の過去問まで
あの手この手でGETしてきたりします。

そうすると、そのGETした人のグループは色めき立つんですね。

「コソコソ、これすげーじゃん、、、」

「コソコソ、ちょっと今からコピーさせて、、、」

みたいな感じで、後ろの方からヒソヒソ声が聞こえてきたりします。

そうすると、私たちは

ムムム!?(川平慈英風)

となるわけですよ笑。

必要ないとわかってても、その情報をGETしないと気が済まなくなります。
結果、休み時間に、
ちょっと揉み手をしながら、
その子に「5年前の過去問って、、、ある、、、?」とかお願いするわけです。

苦々しい思い出です。
正直ああいう雰囲気は嫌でした。

でもここからが重要。
私、そういう風に苦労してGETした過去問、

ほとんど使いませんでした!どん!

つまりは、情報だけGETして、やった気になっていたんです。

日本人って多分こういう人が多いんじゃないかなと感じます。
まさに国民性。
物を、情報を、溜め込む気質。
それを使うかどうかというと、話は別ということです。
とりあえず手元に置いておけば損することないでしょ?って感覚。
常に周りと同じ情報を得ていないと安心しない人が多いんですよ、この日本は。

でも、例え良い情報を手に入れられたからって、
それはただの情報であって、
それを使いこなさなければ意味がありません。
100行の金融機関の情報があるより、
1行と実際に深く繋がっていた方が絶対強いです。

環境は大切ですが、
その環境が自分を動かす環境じゃないと意味がありません。
もし自分がいる環境が、
情報は豊富にあるけど、一歩踏み出せないような環境なら、それは良くない環境だと思います。

成功したいのであれば、
実際に一歩踏み出せる環境に移った方が良いです。
自分にとって、どういった環境が、結果にコミットするのか、
常に考えて、一歩踏み出す勇気を持ってみましょう。

関連記事

  1. 情報に対するマインドセット

    情報を厳選して選択しましょう

    こんにちは、本間です。先日、ショッキングな出来事があり…

コメント

  1. 初めてコメントいたします。なんという偶然!たまたまいろんな方のブログを読んでいたらわたしのブログを掲載してくれているページを見つけました( ^ω^)♪

    ものを溜め込む日本人について記事を書いた者です♪

    ほかの記事も面白いものが多くて、これからもちょくちょく読ませていただきますねヾ(@⌒ー⌒@)ノ
    これを機会に、お見知りおきを〜!笑

      • shishimaru
      • 2017年 6月 17日

      Sakiko様

      コメントありがとうございます!わざわざ来ていただけるとは!
      素晴らしい記事でしたので、勝手にブログで紹介してしまいました。申し訳ありません。
      いつも楽しく拝見しております。今後ともどうぞ宜しく御願い致します!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 投資は不動産投資だけに非ず
  2. 「余計な事をせずに、本業に集中しろ」という詭弁
  3. 相手にfocusする
  4. 人生最適化思考にまつわる僕の話
  5. 嬉しいお言葉を頂きました。
  1. 不動産投資

    次のリスクに備えよ
  2. 初心者のための不動産投資

    最短で成功するための方法
  3. 考え方

    不動産投資を頑張らなくても良い理由
  4. 考え方

    メンターについて考える
  5. 不動産投資

    こんな事件がありました
PAGE TOP